topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

記事

ASCO: 転移性膵癌の進行を抑えるPEGPH20+標準化学療法

ASCO 2017第53回米国癌治療学会は、6月2日から6日の間、シカゴのマコーミックプラザにおいて開催された。この記事は膵臓がんの臨床試験に関連したダイジェストである。

標準化学療法レジメンに試験薬を加えることにより、転移性膵臓癌患者のサブグループは、標準治療を受けた患者と比較して、がん進行を有意に遅らせる効果があったと、フレッドハッチンソン癌研究センターの治験責任医師Sunil Hingorani氏は語った。無作為化対照試験では、腫瘍に多量の標的分子が含まれている参加者に実験的治療法を与えた場合、標準化学療法のみを受けた対照群の参加者よりも無増悪生存期間(PFS)が4ヶ月延長された。Hingorani氏は、2017 ASCO年次総会(要約4008)で研究結果を発表した。この結果は、昨年開かれた世界的なフェーズIII試験にペグ化組換えヒトヒアルロニダーゼ(PEGHH)と呼ばれるこの試験薬を入れたことが正しかったことを証明したと述べた。

 

PEGPH20とヒアルロン酸について

 

Hingorani氏の初期の研究は、彼をこの薬に導いた。膵臓がんの特徴は、内部圧力が非常に高いため、腫瘍内の局所的な血管を圧迫させ、血流が腫瘍に到達にくいことだ。PEGPH20は、その圧力を低減するため、血中を循環する抗がん剤が腫瘍に浸透することができる。天然に存在する酵素の青写真から作成された試験薬PEGPH20は、多くの膵臓癌によって大量に産生されるヒアルロン酸と呼ばれる分子を分解する働きがある。ヒアルロン酸、すなわちHAは、人体に天然に存在する物質で、容易に水に結合してゲル流体を生成する。しかし、膵臓の腫瘍では、ゲル液が増えて腫瘍の内圧が上昇し、局所血管が閉鎖されるため、抗がん剤が腫瘍まで到達しない。HA量が多い腫瘍を有する患者は予後不良の傾向がある。


ハロー202の背景


Hingorani氏と彼のチームは、PEGPH20を化学療法と併用することにより、マウスの研究において動物の腫瘍内の圧力を高めるHA量を永久に減少させることに成功した。それは膵臓の腫瘍を縮小させ、マウスの生存時間を増加させた。

フェーズⅡ試験において、進行膵癌患者はPEGPH20の有無にかかわらず、標準治療の第一選択である併用化学療法を受けるようにランダムに割り当てられた。234名の患者の結果をPEGPH20投与群と非投与群にグループ分けした場合、PEGPH20の明らかな利益はわずか2週間の無増悪生存期間(PFS)でしかなかった。「これがこの戦略が示すすべての可能性であれば、私はこれを追求するつもりはない」とヒンゴラニ博士は述べた。 「それだけでは不十分だ」

しかし、腫瘍が高レベルのHAを有する80人の患者において、化学療法にPEGPH20を追加した患者のサブグループでは、平均9.2カ月の無憎悪生存期間(PFS)が得られた。これは化学療法単独のグループでは、PFSは5.2ヶ月であったので、4カ月のPFS差となった。Hingorani氏は続いてPEGPH20に関連して上昇した血栓のリスクについて報告した。この予期せぬ副作用は、試験の一時停止をもたらしたが、PEGPH20と対照群の患者との間ではこのリスクは等しかった。この副作用のリスクは全ての患者のレジメンに抗血栓剤を添加したため。試験再開後に全体的に低下したと報告された。Hingorani氏は、「標的が豊富な高HA患者における無増悪生存期間の延長とこのHA酵素を安全に与えることができる能力が、私にとってのこの試験の結論である」と述べた。試験に参加した患者の治療関連有害事象には、末梢浮腫(PEGPH20投与群63% vs 対照群26%)、筋痙攣(56%vs3%)、好中球減少症(34%vs19%)および筋肉痛(26%vs7%)が含まれていた。


フェーズⅢ試験

 

フェーズⅡの試験結果は、治験薬の利点が腫瘍中に高レベルでHAを有する患者に限定されていたため、高HA腫瘍患者のみが新たなフェーズⅢ試験に参加できるとされた。

また、フェーズⅢ試験は、新薬の効果を以前よりもより厳密に調査する目的で行われる。試験のアウトカムは、無憎悪生存期間(PFS)だけでなく参加者の生存期間(OS)を実際に延長するかどうかを判断するとした。

治験責任医師によるフェーズII試験データの探索的分析によれば、試験薬は高HA腫瘍患者の寿命を平均で診断後約1年まで延長したことを示唆した。膵臓がんの新しい基準であるとHingorani氏は述べている。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校Margaret Tempero氏とベルギーのLeuven大学のEric Van Cutsem氏にリーダーシップを渡す前にHingorani氏はフェーズⅢ試験を開始した。

 

By The ASCO Post
Posted: 6/8/2017 10:35:00 AM

Share this post

Submit to FacebookSubmit to Google BookmarksSubmit to Twitter

特定非営利活動法人パンキャンジャパン | 住所: 東京都千代田区富士見1-12-1 〒102-0071
Phone: 03-3221-1421 | Fax: 03-3221-1422 | 連絡先

サイトマップ