ASCO NTRK ROS1 inihibitor

NTRK/ROS1融合遺伝子のある転移性膵臓癌患者に対するエントレクチニブの臨床的有用性

Abstract No:521

著者:Michael J. Pishvaian, Christian Diego Rolfo, Stephen V. Liu, Pratik S. Multani, Edna Chow Maneval, Ignacio Garrido-Laguna

背景:生存率の改善を示した膵臓癌に対する化学療法の最近の改善にもかかわらず、奏効率は50%未満のままである。特定のアクショナブルな遺伝子変異を有する膵臓癌の異なる分子サブグループが最近同定された。これらには、受容体型チロシンキナーゼNTRKおよびROS1の融合遺伝子が含まれる。エントレクチニブは、CNS活性で強力かつ選択的なTRKおよびROS1阻害剤であり、NTRKまたはROS1融合を有する局所進行性または転移性固形腫瘍を有する患者において実質的な臨床活性を示した。(Drilon A, et al. Cancer Discov. 2017;7[4]:400-409).

(編集注:ROS1融合遺伝子は、ROS1と他の遺伝子が融合することでできる特殊な遺伝子。この遺伝子からできるROS1融合タンパクの作用により、がん細胞の増殖作用がオン状態になる)

方法:アクショナブルな遺伝子再構成が確認された3例の膵癌を調べた:2例はTPR-NTRK融合遺伝子で、1例はSCL4-ROS1融合遺伝子だった。第2相試験(NCT02568267)では、3人の患者全員が1日600mgのエントレクチニブで治療された。

結果:エントレクチニブの有害事象は、主に関節痛、筋肉痛、および疲労からなるグレード1〜2で、忍容性は良好だった。 3人の患者全員が腫瘍バイオマーカーCA19-9の正常化と共に臨床的改善のエビデンスを示し、TPR-NTRK融合を有する2人の患者においてRECIST v1.1に従って部分奏功を確認し、そのうち1人はPET / CTスキャンによって癌の代謝に有意な減少が認められた。 SCL4-ROS1融合を有する患者は少なくとも6ヶ月間安定した疾患を有していた。 3人の患者全員が試験中は高い生活の質(QOL)を維持または改善した。データカットオフ時に、TPR-NTRK融合を有する患者の1人は1年を超える治療を続けた。

結論:エントレクチニブ治療は、NTRKまたはROS1融合遺伝子陽性の膵臓癌を有するこれら3人の患者における奏効および長期的な疾患制御と関連していた。 NTRKとROS1の融合遺伝子は膵臓癌では稀な現象である。膵臓癌における融合遺伝子の日常的な検査はまだ標準的な方法ではないため、本当の発生率は知られていない。ここで見られるエントレクチニブの恩恵と、より奏功する治療法の必要性を考えると、これらのアクショナブルな融合遺伝子を有する膵臓癌患者に関しては、より広く、より早い段階で遺伝子検査をすることに価値があるかもしれない。

臨床試験情報:NCT02568267。

(編集注:非小細胞肺がんではROS1融合遺伝子に対する治療が進んでいるが、ROS1融合遺伝子陽性患者は全体の僅か1~2%とされている)

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story