Latest News

海外ニュース:2019年度世界膵癌連合年次総会(WPCC)が開催される

WPCC2018small

2019年度世界膵癌連合年次総会(WPCC) 

World Pancreatic Cancer Coalition(WPCC) Annual Meeting

会場:ビルトモアホテル、コーラルゲーブルズ、フロリダ州

期間:2019年5月7日~9日

■WPCC2019年次総会について

2019年5月7日 - 9日、フロリダ州コーラルゲーブルズで2019年の世界膵臓癌連合会議が総会が開催されました。この会議には20カ国から40以上の患者団体が参加して行われました。今年は、初めてアフリカ大陸の患者団体が参加しました。WPCCは、世界最大の膵癌患者支援団体の集まりです。

続きを読む...

海外ニュース:米国メイヨークリニックは、進行膵がん患者が寿命を延ばす術前治療の3つの要因を発見

海外ニュース:米国メイヨークリニックは、進行膵がん患者が寿命を延ばす術前治療の3つの要因を発見

 

2019年4月2日

 海外の記事から。メイヨークリニックは「USニュース&ワールド・レポート誌(U.S.News & World Report)」の病院のランキングで毎年トップクラス入っている世界的に著名な米国有数の総合病院です。今月、進行膵臓がん患者の生存率を延ばす治療に関連する「3つの要素」を発表し、米国でもニュースになりました。以下に翻訳を紹介いたしますので、ご興味のある方はご参照ください。

続きを読む...

AACR:癌について読み解く

CancerTODAY 2018Winter FrontPage

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AACR:癌について読み解く

「Getting a Read on Cancer (癌について読み解く)」  WINTER2018号/Vol.08
https://www.cancertodaymag.org/Pages/Winter2018-2019/Getting-a-Read-on-Cancer-Genomic-Testing-Disparities.aspx

(日本語訳)
がん患者は、がん細胞の分子特性に基づいて治療を受けることが増えています。しかし、患者さんによって、遺伝子検査や分子標的療法へのアクセスが異なる場合があります。

ステファン・エストラダ氏は、2014年にヘアスタイリストとしてのキャリアを始めようとしていた28歳のとき、IV期の大腸がんと診断されました。同時に大腸がん患者の3から5パーセントにみられ、がんの罹患リスクを高めるリンチ症候群という遺伝性の疾患があることもわかりました。しかし彼の主治医はそれが彼の治療方針には影響を及ぼさないと言いました。デンバー市在住のエストラダ氏は、化学療法とナノナイフ(Nano Knife)での治療を受けました。ナノナイフとは、がん細胞を電流で殺す治療法です。しかし彼のがんは増え続けました。

(編集注:膵がん治療にナノナイフがFDAのEAPを獲得 ~現在治験中~https://bit.ly/2rYxu6m)

続きを読む...

海外ニュース:FDAは、NTRK融合遺伝子を伴う固形腫瘍に対するラロトレクチニブを早期承認

FDA logo2

FDAは、神経栄養受容体チロシンキナーゼ(NTRK)融合遺伝子を伴う固形腫瘍に対するラロトレクチニブを早期承認

2018年11月26日

米国食品医薬品局(FDA)は、神経栄養受容体チロシンキナーゼ(NTRK)融合遺伝子を有する成人および小児の固形癌患者に対して、ラロトレクチニブ(larotrectinib)(商品名ビトラクビ VITRAKVI、Loxo Oncology Inc.およびBayer)を早期承認しました。それはNTRK融合遺伝子に耐性のある遺伝子変異を獲得してない、転移性であるか、または外科的切除が重度の合併症をもたらす可能性があり、そして満足のいく他の治療法がないか、または治療後に癌が進行している患者を対象としています。

これは、癌のある部位にとらわれない組織横断型のFDA承認として、ペンブロリズマブに続いて2番目となります。

続きを読む...

海外ニュース:分子プロファイリングを基にして臓器横断的に承認された2つ目の膵臓がん治療薬

pancan vitrakvi

分子プロファイリングを基にして臓器横断的に承認された2つ目の膵臓がん治療薬

Allison Rosenzweig, PhD, Science Officer, Pancreatic Cancer Action Network:PanCAN
Lynn Matrisian PhD、MBA、Chief Science Officer, Pancreatic Cancer Action Network: PanCAN)

2018年11月26日

ラロトレチニブ(Larotrectinib)(商品名Vitrakvi🄬[ビトラクビ])は、特定の遺伝子特性を有する固形癌の患者におけるその有効性に基づいて本日、米国食品医薬品局(FDA)により承認された。ラロトレチニブはトロポミオシンキナーゼ受容体の阻害剤である。

FDAは、臓器横断的に身体内のあらゆる局所進行性または転移性のNTRK融合遺伝子を有する固形癌の治療用として、ラロトレチニブを迅速承認しました(オーファンドラッグ指定)。バイエル社とLoxo Oncology,Inc社によって開発されたこのラロトレチニブ(Latoretinib)は、その腫瘍がNTRK融合遺伝子を持っている大人と子供の治療薬として臨床試験でテストされた。 ラロトレチニブは75%の患者で腫瘍を縮小し、その効果は73%で少なくとも6ヵ月の無増悪生存期間をクリアし、39%が1年以上の無増悪生存期間を示した。

続きを読む...

海外ニュース:FDAは、特定の癌ではなく、臓器横断的に癌の主要なドライバー遺伝子を標的とする治療薬を承認

fda building

FDAは、特定の種類の癌ではなく、臓器横断的に癌の主要なドライバー遺伝子を標的とする治療薬を承認

FDA approves an oncology drug that targets a key genetic driver of cancer, rather than a specific type of tumor

新薬ビトラクブ(Vitrakvi)は癌を促進する特異的受容体キナーゼを標的としている

2018年11月26日

米国食品医薬品局(FDA)は本日、癌が特定の遺伝的特徴(バイオマーカー)を有する成人および小児患者の治療法であるビトラクブ(Vitrakvi??)(一般名ラロトレチニブ)の早期承認を認めました。FDAが、腫瘍が発生した体内の部位ではなく、臓器横断的にさまざまな種類の腫瘍にまたがる共通のバイオマーカーに基づく癌治療を承認したのは今回が2回目です。この承認は、「組織にとらわれない」がん治療薬の開発における新しいパラダイムを示しています。これは、FDAが今年初めに発表したガイダンス文書で開発した方針に従います。

ラロトレチニブ(Vitrakvi)は、既知の後天的耐性変異のない神経栄養受容体チロシンキナーゼ(NTRK)融合遺伝子を有する患者を対象としています。転移性であるか、または外科的切除が重度の合併症をもたらし、成人および小児患者の治療に適応される他の治療が満足のいくものではなく、または治療後に進行した場合に適応されます。

続きを読む...

国内ニュース:抗PD-1抗体薬キイトルーダ🄬が膵臓がんに承認される

国内ニュース:抗PD-1抗体薬ペンブロリズマブ(商品名キイトルーダ🄬)が膵臓がん治療薬として承認される

2018年12月21日(金曜日)

マイクロサテライト不安定性(MSI)
MSI-Highは、DNAを修復する機能が低下していることを示すバイオマーカーです。細胞は、DNA複製時に自然に起こる複製ミスを修復する機能をもっていますが、この修復機能の低下によって、DNAの繰り返し配列(マイクロサテライト)が複製ミスを表し、正常な細胞と異なる状態になっていることをマイクロサテライト不安定性(MSI)と呼びます。この不安定性が高頻度に起きている現象を高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)と呼びます。  

MSI-Highを有する固形がんは、膵臓がんや大腸がん、胃がんといった消化器がん、子宮内膜がんや卵巣がん、乳がん、前立腺がん、膀胱がん、甲状腺がんがあります。大腸がんの約6%、子宮内膜がんの約17%にMSI-High固形がんがみられたとの報告があります。*2

JCOの論文では、1センターで膵臓癌の手術を受けた109症例の検体を調べたところ、24症例(22%)がMSI-Hであったとの報告がありました。膵臓癌におけるMSIは、まだよく理解されていないため、MSIが大腸がん場合のように免疫療法に対する反応を予測するかどうかを決定するためにはさらなる調査が必要であると結んでいます。*3

*2: Le DT et al. Science 2017; 357: 409-413
*3: JM Eatrides et al. Journal of Clinical Oncology 2017-05-11;e15753

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story