Survivor Story Anthony Rafaniello 2020

早期に診断されて

~早期発見、手術と術後補助療法~

著者 アンソニーラファニエッロ

2020年10月8日

  • 壊死性膵炎でコロンビア長老派病院膵臓センターを訪問
  • 早期に発見された膵臓がん
  • FOLFIRINOXによる術後補助療法

編集注:壊死性膵炎は,急性膵炎患者の約 10〜20%に発生し,その死亡率は 15〜20%である。 壊死性膵炎に臓器不全を伴う場合,死亡率は約 50%になる。

私の膵臓がんの旅は、約6年前、膵炎のエピソードが5回あったときに始まりました。

2016年5月、私は急性膵炎の発作を起こし、30日間入院しました。そのうちの10日間は、人工呼吸器と私の人生の戦いに費やされました。リハビリセンターでの時間を含め、長い回復を遂げました。しかし、私は絶え間ない吐き気と不快感が続き、体重が18kgも減りました。ニュージャージーの私の医者は私がコロンビア長老派病院にある膵臓センター(ニューヨーク)に行くことを勧めました。コロンビア長老派病院は、ニューヨーク市にある非営利の学術医療センターで、コロンビア大学バゲロス医科大学とワイルコーネル医学大学の2つのアイビーリーグ医学部と提携しています。そこでジョン・ポネロス博士に会い、一連の内視鏡検査の結果、壊死性膵炎と診断されました。私の膵臓は液体に囲まれていましたので、体液を排出するためのステント留置の後、私は徐々に自分の体調がもどってきているように感じ始めました。無事に退院し、私はコロンビア長老派教会病院で毎年健康診断を続け、私の健康状態に変化があった場合はポネロス博士に知らせるようにアドバイスをもらいました。

 

■問題が戻る

2020年2月、私は数週間続くインフルエンザの様な症状を発症し、5kgも体重を落としました。私はすぐにポネロス博士に連絡しました。彼は、CTスキャンと血液検査をオーダーしてくれました。検査の結果は数日後に来て、膵臓に小さな腫瘍のようなものがあることがわかりました。一週間後、内視鏡検査と生検を受けました。

検査の直後、私は外科医のベス・シュロープ博士に会わなければならないという通知を受けました。私は2020年3月17日にシュロープ博士に会い、腫瘍を切除することになりました。私の手術は3月23日と言われました。計画は腹腔鏡手術によって腫瘍を取り除くことでした。私はコロナパンデミックの真っ只中に病院に到着しました。妻、娘、孫が私を病院で降ろし、4月2日に退院するまで病院内では訪問者は一人も見当たりませんでした。

■大手術と術後補助療法

手術は成功しましたが、残念ながら腫瘍の位置が原因​​で大手術になりました。脾臓と胃の一部、結腸、膵臓、36個のリンパ節が切除されました。小さな癌性腫瘍は切除され、切除されたリンパ節には幸いなことに転移はありませんでした。

ポネロス博士、シュロープ博士、オンコロジストのグラム・マンジ博士を含む私の医師チームと会った後、私は治療の選択肢、術後補助療法についてアドバイスを受けました。私は自分の医師チームを信頼し、彼らの言うことに耳を傾けました。そしてもっとも強い化学療法であるフォルフィリノックス(FOLFIRINOX)を選びました。

私は最近9回目の抗がん剤治療を終えましたが、状況は比較的順調に進んでいます。手足に神経障害があり、吐き気もありますが、副作用がうまく管理できたのは幸運なことです。私は隔週のフォルフィリノックスによる治療を続けることができ、12回目の治療を受けることになっていました。しかし、マンジ博士は、副作用のリスクが見返りに値しないため、現時点で術後の補助化学療法を中止することを決定しました。

こんなに早い段階で診断が下されたのは本当に嬉しいです。それは10〜15パーセントの確率でしか起こらないと言われています。コロンビア長老派医師病院のこのような素晴らしいチームと神への強い信仰をもって、私はこの癌を打ち負かし、サバイバーになります。

 

 

(Source:Survivor Story-Let's Win Lustgarten Foundation)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<免責事項>この医療記事は、サバイバーの経験を紹介する目的で書かれています。特定の治療法や薬の使用を推奨するものではありません。ご自身の病状については、担当医とよく話し合ってください。このウェブサイトの情報を利用して生じた結果についてPanCANJapanは一切責任を負うことができませんのでご了承ください。

 

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider