第3回札幌アフィリエート交流会:膵がん勉強会のご案内:

 

膵がん勉強会のご案内
 
■概要:
 膵がん勉強会では、膵臓についての基礎知識、診断、病期分類、抗がん剤治療、副作用の対応方法(セルフケア)、食事の工夫など、膵臓がん患者さんとそのご家族に必要な基礎情報を詳細にわたって説明します。
また、術後患者さんを対象としたグループワークでは、術後の補助療法、外科的切除、抗がん剤治療の副作用などについて、また、対処方法 (セルフケア)、食事の工夫など広範囲のトピックについてお話します。

 進行膵癌の患者さんとご家族を対象としたグループワークでは、患者さん・ご家族から多く寄せられた質問にお答えする形で、膵がん治療の最新情報についてお話します。トピックは、臨床試験、化学療法、免疫療法、食事と栄養、患者学、代替療法、心のケアなど多肢に渡ります。

 最後に米国パンキャンの資料をもとに、米国の膵癌診療ガイドラインについて、また、国際標準治療薬、抗がん剤開発現場の最新情報もお届けします。

 

日時: 12月12日(日)
場所: かでる2.7  会議室
時間: 10:00~12:00 

 

■プログラム: 
   座長:大島寿美子(アスパラの会)
   挨拶: NPO法人パンキャンジャパン理事 眞島喜幸

   参加者自己紹介
   講演1.食事と栄養、セルフケア(25分)
     北海道大学大学院保健科学研究院
     基盤看護学分野 基礎看護学 下田 智子
     質疑応答(5分)

   講演2.米国膵がん診療ガイドライン、新薬開発とドラッグラグ問題(25分)
     NPO法人パンキャンジャパン事務局長 眞島 喜幸
     質疑応答(5分)
   3.グループ別ワークショップ(40分) 2~3グループ
     ・グループ分(術後ケアグループ、抗がん剤グループ)
     ・自己紹介
     ・情報交換
   4.終了

費用: 賛助会員 500円 一般 1500円 (資料、お茶代含む)
 
■参加条件:
・【対象】膵臓がん体験者、家族、友人、医療関係者、行政、一般
・【条件】プログラムの規約を理解し賛同される方
・【禁止事項】宗教、民間療法などの勧誘のための参加は一切お断りします。

■参加申込方法(定員40名)
・事前申し込みが必要となります。次の情報を明記の上、
 メールあるいはファックスにてお申し込みください。

・【氏名】
・【立場】膵臓がん体験者、家族、友人など
・【住所】
・【電話】
・【メール】
 
送付先:   FAX: 03-3221-1422    
メール:   このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。   

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story