AACR David Tuveson

AACRニュース:膵臓がん研究の進歩

を推進する
AACR-PanCANキャリア開発賞は、最も致命的で治療が困難な癌の1つ、膵臓がんを理解するのに役立つKPCマウスモデル開発を支援した

著者 デービッド・チューブソン博士

デービッド・チューブソン博士(David A. Tuveson、MD、PhD)は、膵臓がん患者の治療戦略に関する前臨床および臨床研究を進めることで先駆的な研究が広く認められている有名な医師-科学者です。

現在、チューブソン博士は、今年度の米国癌学会(AACR)会長です(2021-2022)。膵臓がん研究のためのラストガーテン財団(Lustgarten Foundation for Pancreatic Cancer Research)の主任科学者であり、コールドスプリングハーバーラボラトリーがんセンターの所長で、AACRアカデミーの選出されたフェローでもあります。

編集注:デービッド・チューブソン博士は、米国パンキャン本部(PanCAN)の科学諮問委員会(SAB)で委員長として活躍され、その後、パンキャンジャパン科学諮問委員会設立を支援してくださいました。

 

1997年に、マサチューセッツ工科大学(MIT)のタイラージャックス博士、FAACRの研究室で新しいポストドクターフェローとして研究をはじめたチューブソン博士は初期のキャリアの医師-科学者であり、ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院の研修医として体験した膵臓がん患者の治療を通して、この治療が難しい疾患に興味をそそられました。

彼は、研究者が最も致命的なタイプのがんの1つである膵臓がんを研究し、患者を助けるための効果的な治療アプローチを開発するためのより良い方法を必要としていることを認識しました。当時、ジャックス博士の研究室は、癌の研究を支援するために遺伝子操作されたマウスモデルの研究を行っていました。

「研究室ではさまざまなアプローチをよくサポートしてくれました」とチューブソン博士は説明しました。 「私たちが採用したアプローチは、マウスの遺伝子を変更して、膵臓がん腫瘍に見られる遺伝子変異を反映させることでした。」

「それを言うことは簡単ですが、実際にそれらの遺伝子変異を正確に含む動物を作成するには、少し時間がかかりました」と彼は付け加えました。

実際、膵臓がんのマウスモデルを完成させるには、MIT、ペンシルベニア大学、ケンブリッジ研究所、コールドスプリングハーバーラボラトリーの4つの異なる研究機関における長年の研究が必要でした。

しかし、ポスドクとして、チューブソン博士は、彼が正しいアプローチをとったという証拠の「きらめき」を見ることができました。彼は予備データを使用して、AACRの助成金(AACR-PanCANキャリア開発賞)を申請し、受賞することができました。

「これは、私が今入ったばかりの分野で、私が知らなかった研究者の分野を紹介してくれたという点で、影響力のある賞でした」と彼は言いました。 「AACRの助成金から得られた資金によりさまざまなドアが開くため、その人にとって10倍から100倍の影響力があると思います。」

その最初の助成金は、彼が最初に研究者として研究を進めることを可能にし、国立がん研究所(NCI)からより大規模で長期的な助成金を獲得するのに役立ちました。「その後はレースです」と彼は言います。 「私は自分が考えていたすべてのことを実際に行うのに十分なリソースを持ちました。」

彼は、とりわけ、AACR-PanCAN助成金を利用して行われた画期的な2005年の研究で、KPCマウスを作成し、科学雑誌Cancer CellでKPCマウスモデルについて議論しました。記事の中で、チューブソン博士は、「K」はKRASを表し、「P」はTP53を表し、それらは膵臓がんを含む多くの腫瘍タイプで頻繁に登場する遺伝子変異であると説明しました。 「C」はCreの略で、膵臓の遺伝子のみが変異し、マウスの他の部分に腫瘍が形成されないようにする遺伝子ツールです。KPCマウスには、これらの遺伝子の両方に変異が含まれているため、腫瘍を促進する相乗効果が得られます。

マウスは、膵臓の上皮内腫瘍として知られる前駆病変(PanIN3)を発症し、さらに、ヒト膵臓がんを厳密に模倣する本格的ながんを発症します。顕微鏡検査では、マウスの腫瘍は人間の腫瘍のように見えます。 2005年の研究で、チューブソン博士は、KPCマウスの体重と筋肉量が減少し、腹部に体液がたまり、皮膚が黄変したことを指摘しました。これは、膵臓がんのヒト患者と同様の症状です。このマウスモデルは今日までに高度に検証されており、世界中の膵臓がん研究者にとって臨床的な関連があります。

「この動物モデルを作成したことで、膵臓がんについての本当に基礎的な質問をすることができるようになりました。たとえば、なぜ患者を治療するのがそれほど難しいのかなどです。」とチューブソン博士は言いました。 「そして、膵臓腫瘍の血管が破壊されて腫瘍が閉じられているため、薬剤が腫瘍にうまく到達されないことを発見しました。血管は線維芽細胞による間質に圧縮されています。」この観察は、チューブソン博士の研究室や他の多くの人々を刺激して、腫瘍に治療薬を送達させるためのより良い方法を研究し始めました。しかし、この分野で20年以上働いた後、チューブソン博士は、膵臓がんが依然として恐ろしい病気であることを率直に認めています。

「私たちは必要な地点まで到達できていません」と彼は言いました。 「医師と科学者がタッグチームを組むことができるよう、研究室に戻すことができるクリニックでさらに多くの研究が必要です。膵臓がんで私たちが理解していることは何でも、他の種類のがんにも役立つと思います。」

現在、KPCマウスモデルの研究を開始してから約25年になりますが、チューブソン博士は、その間に達成された進歩は、癌と呼ばれる病気の治療に関する進歩を推進する上でのAACRの助成金の重要性を強調していると述べました。

「AACR助成プログラムは、がん研究をサポートし、新しい人々をこの分野に引き付け、研究所間または国を超えたコラボレーションを可能にする、私たちのポートフォリオの成長している部分です」と彼は言いました。 「私たちは、この次世代のがん科学者とがん医師の育成を奨励することを優先事項としています。」

AACRは、ドナーから資金提供を受け、他の組織と協力して触媒的な助成金と賞を授与することで、この分野で最も優秀で明るい若者を奨励するキャリア開発賞を含む、がんの研究とケア全体で影響力の大きいがんのサイエンスを育成しています。「それを私たちは大切にし、促進するために必要なことは何でもするべきです」とチューブソン博士は述べました。

チューブソン博士の動画は下記のサイトから視聴できます。
https://vimeo.com/658673546

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider