■エベロリムスは進行性膵内分泌腫瘍患者の無増悪生存期間を有意に延長
RADIANT-3 Phase 3 Clinical Trials showed Evelolimus significantly extends pNET patients' TTP 
 
2010年6月3日

ノバルティスは本日、進行性膵内分泌腫瘍(pNET : pancreatic neuroendocrine tumor)の患者を対象としたフェーズ3臨床試験において「エベロリムス(商品名アフィニトール®)」の投与とベスト・サポーティブ・ケア(BSC:最適な支持療法)を受けた患者群において、無増悪生存期間(TTP)の有意な延長が示され、主要評価項目が達成されたと発表した。

膵内分泌腫瘍は、急速に増殖する可能性がある腫瘍で、約6割の患者は転移のみられる進行がんと診断されている。進行性膵内分泌腫瘍の生存期間中央値は17ヶ月であり、現在承認されている治療は手術と化学療法のみである。

ノバルティス オンコロジー事業部のエルベ・オプノー氏は、「エベロリムスは、NETを含む様々ながんの治療において重要な標的であるmTORタンパクの阻害剤として開発され、今回のRADIANT-3臨床試験の結果は、エベロリムスが進行性膵内分泌腫瘍の患者にとり、重要な治療選択肢となる可能性を示すものである」と述べた。

日本から40名の患者が参加するRADIANT-3は、進行性膵内分泌腫瘍の患者を対象に、エベロリムスとBSC群と、プラセボとBSC群とを比較したフェーズ3多施設共同試験である。主要評価項目は無増悪生存期間。副次評価項目は、安全性、奏功率、および全生存期間である。


参考資料:

NET(神経内分泌腫瘍)について
NETは、身体機能を調節するさまざまなホルモンを生成・分泌する細胞から生じる腫瘍。NETには多くの種類があり、身体のどの部位にも発生するが、多くは消化器、膵臓、肺にみられる。比較的まれな腫瘍であるため、所定の検査法がなく、正確な診断を受けるまでに5~7年かかることもある。このため、NETの患者さは診断時にすでに進行しているケースが多くみられる。希少がんではあるものの、NETは過去30年で約4倍と増加傾向にある。

無増悪生存期間(TTP:Time To Progression 腫瘍が大きくならずに安定している期間)
 
参考文献

   1. National Library of Medicine and the National Institutes of Health. Pancreatic islet cell tumor. Available at
      http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/000393.htm. Accessed May 2010.
   2. Halfdanarson, et al. Pancreatic neuroendocrine tumors (PNETs): incidence, prognosis and recent trend toward improved survival.
      Annals of Onc 19: 1727-1733, 2008.
   3. Yao, et al. One Hundred Years After "Carcinoid:" Epidemiology of and Prognostic Factors for Neuroendocrine Tumors in 35,825
      Cases in the United States. Journal of Clinical Oncology. June 20 2009; vol. 26, number 18.
   4. Modlin, et al. Priorities for Improving the Management of Gasteroenteropancreatic Neuroendocrine Tumors. J Natl Cancer Inst
      2008;100:1282-1289.

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story