Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE MicrosoftInternetExplorer4

「心のケア」はとても大切です

 

がんを体験すると、がんの診断、病期と予後、生存率、再発といった病気に関する悪い知らせを聞くことによるストレス、検査結果や 入院を待つ間のストレス、痛みや吐き気などのつらい症状によるストレス、今まではできていた仕事や家事ができなくなることによるストレスなど、さまざまな種類のストレスを経験することがあります。これらのストレスが重くなると、人は「うつ状態」になり、がんと前向きに取り組むことが難しくなります。患者自身も支援する家族も「病院に行きたくない」、「もう治療をやめたい」などと思うようになります。がんとうまくつきあうことにより、よりよい生活の質(QOL)を担保するには、こころのケアがとても重要です。治療が始まる段階からこころのケアについて相談するにはどうしたらよいのか、担当医と相談してください。

 

詳しくは、次のサイトを参照してください。

 
Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE MicrosoftInternetExplorer4

 

 

  Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE MicrosoftInternetExplorer4

有益な情報源:

「がんとつきあう ~ こころのケア」 (国立がんセンターがん対策情報センター)

「心の痛み ~ がんが心におよぼす影響と家族の役割」 (アストラゼネカオンコロジー)

 

 
 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story