topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

記事

放射線療法(Radiation Therapy)

放射線療法

 

放射線療法では、腫瘍の成長を遅らせるために、あるいは縮小させるために高エネルギーX 線を使用します。大きい機械は、腫瘍に腹部を通してX線を癌細胞に集中します。放射線療法の局所療法で、その目的は特定の部位の癌細胞だけに放射することです。X線は周囲器官にも影響を与える可能性がありますが、危険は限られています。放射療法は単独で、あるいは化学療法と併用で行われます。化学療法は放射療法と共に使われる最も一般的な抗がん剤はジェムシタビンgemcitabine (Gemzar.) です。

 

放射線療法は、痛みを取り除くためにも、手術の前に腫瘍の大きさを萎縮させるためとか、手術後に残った可能性のある癌細胞を破壊するためにも使われます。患者は通常病院あるいはクリニックにて外来で放射線治療を受けます。部位、症状によっても照射量は異なりますが、週5日のスケジュールで2週間から5週間程度の治療を受けることもあります。

 

 

 

 

<このがん情報は米国PanCANで作成されていますので、日本の状況と多少異なる点もあります。それらについては医師にご相談下さい。日本語版はPanCANJapanの責任で翻訳、提供しています。無断転載禁止 >

Share this post

Submit to FacebookSubmit to Google BookmarksSubmit to Twitter

特定非営利活動法人パンキャンジャパン | 住所: 東京都千代田区富士見1-12-1 〒102-0071
Phone: 03-3221-1421 | Fax: 03-3221-1422 | 連絡先

サイトマップ