超音波内視鏡検査(EUS)

超音波内視鏡検査(EUS)

 

 超音波内視鏡検査(EUS: Endoscopic Ultrasound)は通常、外来患者に院内の内視鏡設備か外来手術設備で行われる検査で、超音波と内視鏡を組み合わせたツールを用いて行われます。

 

 麻酔薬による強い鎮静状態のもとで、先に小さな超音波のプローブがついた細く軽い管が、口から胃、十二指腸と呼ばれる小腸の先端部まで挿入されます。すい臓とその周辺の詳細な超音波画像が描写されることから、すい臓内の腫瘍の位置、大きさ、また、周辺の血管やその他の臓器にも広がっていないかを確かめることができます。

 

 EUSでは、リアルタイムに超音波画像を見ながら疑いのある腫瘍に針を挿入し、吸引による細胞診(EUS-FNA:EUS guided Fine Needle Aspiration)を行うことができます。FNAで得られた細胞のサンプルは、病理医によってがん性であるか検査されます。

Share this post

Submit to FacebookSubmit to Google BookmarksSubmit to Twitter

特定非営利活動法人パンキャンジャパン | 住所: 東京都千代田区富士見1-12-1 〒102-0071
Phone: 03-3221-1421 | Fax: 03-3221-1422 | 連絡先

サイトマップ