腫瘍マーカー(CA19-9)


がん細胞は健康な人には存在しない特 殊な蛋白をもっている場合があり、腫瘍マーカーとは、この特異性のある蛋白を調べる血液検査のことです。治療経過を観察するための有効な手段として利用されていますが、他の要因によって陽性になることもあり、また、がん細胞がある程度の大きさになるまで陽性を示さないため検査結果の判断には注意が必要で す。膵臓がんの経過観察に使われる腫瘍マーカーには、CA19-9、DUPAN-2、CEAなどがあります。

CA19-9

 膵臓がん患者の血液中で上昇する腫瘍と関連のある糖鎖抗原(CA19-9)の量を測定する血液検査です。この抗原は、膵臓のがん細胞によって大量に産生され る異物で、膵臓がん患者の血清に増加が認められるため、他の腫瘍マーカーとともに膵臓がんの診断や治療のモニターとして利用されます。基準値は37.0以 下(U/ml)ですが、80%以上の膵臓がん患者で陽性となります。

治療中の効果判定

 CA19-9 検査は、膵臓がんの化学療法・放射線療法の効果判定に使われます。化学療法が有効な場合、CA19-9の血中値が減少することが認められるため、この検査 を用いて膵臓がんは進行性なのか(PD)、それとも安定しているのか(SD)評価します。効果判定の結果によっては、医師は抗がん剤の組合せを変更した り、あるいは追加検査を要請します。

治療後の再発・転移診断

 膵臓がんの再発・転移を確認するために画像診断が必要か否か判断するためにCA19-9検査が使われます。

 

関連リンク:

腫瘍マーカー(三菱化学メディエンス)

Share this post

Submit to FacebookSubmit to Google BookmarksSubmit to Twitter

特定非営利活動法人パンキャンジャパン | 住所: 東京都千代田区富士見1-12-1 〒102-0071
Phone: 03-3221-1421 | Fax: 03-3221-1422 | 連絡先

サイトマップ