パンキャンイベント

イベントなし

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

診断方法(Diagnosis)

 

diagnosis 1すい臓がんの早期診断は困難といわれています。その理由は、症状は顕著ではなく、細胞のがん化のプロセスが緩やかに進行していくためです。もし、すい臓がんを疑う症状がでている場合は、正確な診断をするためにさまざまな検査が行われます。通常医師は、一般的な健康状態を把握するために病歴と家族の健康について問診し、皮膚と目を含む検査とすい臓、肝臓および胆嚢周辺の変化を確認するために腹部を触診するでしょう。血液検査、尿検査および検便が行われるかもしれません。すい臓がんを発見するための単純な血液検査はありませんが、すい臓がんのある人は、よく血液中のビリルビンと肝臓酵素のレベルが上昇しています。すい臓がんのある人、あるいは疑いのある人を検査するために使用される診断・測定ツールのいくつかを紹介します。

腫瘍マーカー(CA19-9)

CTスキャン
Computer Tomography(CT)

超音波内視鏡検査(EUS)
Endoscopic Ultrasound(EUS)

核磁気共鳴膵胆管造影(MRI/MRCP)
Magnetic Resonance Cholangiopancreatography

内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP) 
Endoscopic Retrograde Cholangiopancreatography(ERCP)

超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)
Endoscopit Ultra sonography guided Fine Needle Aspiration

 

<このがん情報は米国PanCANで作成されています。日本の状況と多少異なる点もあります。それらについては担当医にご相談下さい。PanCANJapanの責任で翻訳、提供しています。無断転載禁止。>

Share this post

Submit to FacebookSubmit to Google BookmarksSubmit to Twitter

特定非営利活動法人パンキャンジャパン | 住所: 東京都千代田区富士見1-12-1 〒102-0071
Phone: 03-3221-1421 | Fax: 03-3221-1422 | 連絡先

サイトマップ