Image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「私の名前はランディパウシュ。47歳。3人のこどもの父親で、カーネギーメロン大学の教授です。1年と4か月前、膵臓がんだと知りました。私は、数か月以内に死にます。膵臓がんは、人を混乱させる、恐ろしい、そして残虐な病気です。それをやっつけるには、頭の切れる人に(十分な研究)資金を与えることです。毎日がとても重要です。」

 

2008313日、ランディパウシュ博士は米国労働健康福祉省の小委員会においてパンキャンを代表して証言した。

 
 

これは、彼の膵臓がんの診断と生きるための闘いに係るパーソナルなストーリーである。

 

ビデオをみるにはこちらをクリックしてください(英語)

 

 (訳文に続く) 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider