Image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「私の名前はランディパウシュ。47歳。3人のこどもの父親で、カーネギーメロン大学の教授です。1年と4か月前、膵臓がんだと知りました。私は、数か月以内に死にます。膵臓がんは、人を混乱させる、恐ろしい、そして残虐な病気です。それをやっつけるには、頭の切れる人に(十分な研究)資金を与えることです。毎日がとても重要です。」

 

2008313日、ランディパウシュ博士は米国労働健康福祉省の小委員会においてパンキャンを代表して証言した。

 
 

これは、彼の膵臓がんの診断と生きるための闘いに係るパーソナルなストーリーである。

 

ビデオをみるにはこちらをクリックしてください(英語)

 

 (訳文に続く) 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story