膵臓がんを含む「がん研究予算」を仕分けから守ろう

 

■緊急メッセージ:

パンキャンジャパンフレンズの皆様へ

パブリックコメント提出に関するお願いがあります。いま来年度の「がん研究予算」が
仕分けの対象になっています。御存知のように、文部科学省「がん特」の予算40億が
今年はゼロとなりました。

日本のがん患者を救うためには、私たち患者・家族・遺族が声を大にして、政府に対して
要望を伝えることが不可欠です。「八ッ場ダム」の4000億がなぜ 増え続けるがん患者を
救うために使われなかったのか。NHK番組を見て そう思った方は大勢いたと思います。

 

すべてのがんに関することですので、がん体験者、親戚、会社の同僚、友人にも
このメッセージを伝達し、我が国の未承認薬問題・ドラッグラグを解決し、がん研究を進め、
がんを治る病気にするために、ぜひがん研究予算獲得にむけ、強い応援メッセージを
お願いします。

応募締切:20101019日(火)17:00まで(必着)
下記FAX用紙をダウンロードの上、支援メッセージを記入し、、
内閣官房副長官補室宛 郵送 または FAX
:03-3592-2301 へ

送信してください。


宜しくお願いいたします。

 

眞島喜幸
特定非営利活動法人パンキャンジャパン 理事・事務局長