Image
膵臓がんは部位別がん死因の第4位であるにもかかわらず、米国政府による膵臓がん研究支援は極めて限定的であった。膵臓がんと闘うカーネギーメロン大学教授のRandy Pausch (ランディポウシュ)博士はパンキャン(膵臓がんアクションネットワーク)とともに、この恐ろしい疾患の根治療法開発を加速するために必要な研究助成を政府に訴えた。
    ビデオをみる

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story