5月13日(日)のイベント:「山本たかしさんと、政策立案への患者参加のあり方を語ろう緊急集会」のご案内
以下、 読売新聞編集局 社会保障部記者 本田麻由美さんのメールより引用
Image

【趣旨】

山本たかしさんは、「がん対策基本法」や「自殺対策基本法」の生みの親。昨年5月、自らががん患者であることを国会・代表質問の場で告白し、頓挫しかけていた両法案を成立に導いた参議院議員(民主)です。その山本たかしさんが、実はいま逆境に立たされています。
山本たかしさんは7月に改選期を迎えます。ご本人の続投にかける意思も固いのですが、健康上の懸念もあり、未だ正式表明には至っておりません。
こんな時代、こんな社会だからこそ、「いのちの重み」「人の痛み」が分かる政治家を私たちは求めたいと思っています。

「ひとのために、生きるために。」と、ご自身のいのちを懸けて闘っている山本たかしさんのような政治家が必要だとは思いませんか?

がん患者会のメンバーや自殺対策に取り組む市民団体メンバー等が中心となって、下記の通り「緊急集会」を開きます。ひとりでも多くの方にご参加いただくことが、山本たかしさんと「患者当事者の政策立案への参加のあり方」を語り合い、彼に国会に残ってもらうための原動力となり、この国の「いのち」を支えていくことにもつながっていきます。心より、ご参加をお待ちしています!

【主催】 山本たかしさんを国会に残そう!有志の会

【日時】 5月13日(日) 14時~16時

【会場】 日本薬学会長井記念ホール(渋谷駅から徒歩8分。裏面に地図)
http://www.pharm.or.jp/hall/index.html

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story