20081020日現在

 

氏 名   古瀬   純司 (ふるせ じゅんじ)      

 

現 職   杏林大学医学部内科学腫瘍内科 教授

 

専門領域 肝胆膵癌に対する化学療法、経皮的局所治療、放射線療法などの非手術治療

 

 

学 歴

昭和53 4月千葉大学医学部医学進学課程入学

  55 3月  同 修了

  55 4月千葉大学医学部専門課程進学

  59 3月  同 卒業

 

職 歴

19845        千葉大学医学部附属病院 第一内科 研修医

19859                        退職

198510      清水厚生病院 内科 医師

19879                        退職

198710      千葉大学医学部附属病院 第一内科 医員

19903                        退職

19904        社会保険船橋中央病院 内科 医長 

199112                    同 退職

19921        国立柏病院 内科 医師 

19927        国立がんセンター東病院 臨床検査部 医員

19994                      同         病棟部 医長 

2001  9-20028

米国、トーマス・ジェファーソン大学、放射線部、腫瘍内科学、客員研究員

2002  9        国立がんセンター東病院 病棟部 医長 復帰

20082                      同 退職

20083        杏林大学医学部内科学腫瘍科教授、現在に至る

                           

    医学博士(千葉大学)        19927       

 

厚生労働省研究班等

2008年4月-日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)肝胆膵グループ代表

2004年4月-2008年3月 厚生労働省 がん研究助成金計画研究 

「進行膵・胆道がんに対する標準的全身化学療法の確立に関する研究」(古瀬班) 主任研究者

2007年4月- 厚生労働科学研究費補助金第3次対がん総合戦略研究事業

「QOLの向上をめざしたがん治療法の開発研究」(江角班)班員

20074月- 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業

「ウイルス肝炎による肝がんの再発防止メカニズムの解明に関する研究」(小俣班)班員

20084月- 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業

癌胎児性抗原を利用した肝がんの超早期診断法と発症予防ワクチンの開発」(中面班)班員

 

学 会  

日本臨床腫瘍学会            評議員、暫定指導医

日本膵臓学会                    評議員

日本内科学会                    認定医、指導医

日本消化器病学会            専門指導医

日本肝臓学会                    専門

日本消化器内視鏡学会     専門医

日本超音波医学会            専門医、指導医

日本癌治療学会                臨床試験登録医

日本肝癌研究会                幹事

American Society of Clinical Oncology (ASCO)会員 

European Society for Medical Oncology ESMO)会員

International Liver Cancer Association (ILCA) 会員

 

賞 罰

平成192月 田宮記念賞受賞

「切除不能進行膵・胆道がんに対する標準的全身化学療法の確立に関する研究」

 

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story