特定非営利活動法人パンキャンジャパン/すい臓がんアクションネットワーク/日本膵臓がん患者会/膵臓がん患者家族支援団体/PanCAN/Pancreatic Cancer Action Network Japan/PanCAN Japan

 


Image

Image

 膵がんと告知されたら ”医療セミナー”

8月7日「膵がん治療の最前線」in札幌

 

■札幌(8月7日:土)かでる2・7 

申込はこちらから (札幌セ ミナー受付中)

 

■京都(9月11日:土)京都私学会館

申込はこちらから (京都セミナー受付中)


Image

Image

 膵がんを学ぼう ”医療セミナー”

日本消化器病学会・市民公開講座

膵臓がんはこれまで、発見されたときに有効な治療法が少なく、救命率の低いがんでした。しかし、他のがんと同じく早期発見・早期治療や、治療の進歩で治療成績を向上させる試みがなされ、光明が差し始めました。患者さんとご家族には救済の可能性を求めて、一般市民の方には予防、早期発見のため、治療最前線の第一人者から膵がんの全てを学びます。 パンキャンジャパンSAB Chairman中村祐輔先生(東京大学)が講演されます。


■福岡(9月25日:土)エルガーラホール5F

 

詳しくはこちらをクリックしてください(福岡セミナー受付中)


Image

Image

  新刊 『膵臓がんの概観』

『膵臓がんの概観 ― 患者のための膵臓がんハンドブック ―』

An Overview of Pancreatic Cancer
このたび、膵臓がん患者のための医療教育ブックレット 『膵臓がんの概観』を刊行することになりました。この本は、日本膵臓学会に全面的にご協力を賜り、同学会の 「膵癌診断ガイドライン」改訂委員会メンバーの専門医の先生方に執筆・監修をしていただいたものです。膵臓がんを、さまざまな角度・分野から解説した医療教育ブックレット。患者・ご家族だけでなく、医療関係者にもご活用いただけるボリュームの本に仕上がりました。膵臓がんについてよく知り、これからの治療にお役立ていただけますと幸いです。

詳しくはこちらをクリックしてください 


Image   Image

 膵がんと告知されたら "ステップ1"

 

無料ビデオ講座 オリエンテーション

新患者・家族向けオリエンテーションクラスです。パンキャンジャパンMACアドバイザー古瀬純司先生(杏林大学)が膵臓がんの基礎知識、膵臓と膵がんの症状、診断、病期分類、治療概要、治療に備える、手術、放射線治療、化学療法、副作用と対策、痛みの対策など、10のトピックを解りやすく解説します。

  詳しくはこちらをクリックしてください

 


Image

Image

 膵がんと告知されたら "ステップ2"

 

パンキャン膵がん勉強会

膵臓がんと告知され、抗がん剤治療を始められた方を対象としたオリエンテーションクラスでは、標準治療、抗がん剤の種類、副作用と対処方法、食事と栄養、代替療法など、皆様の質問に答えます。最新臨床試験情報などについて語るアドバンスクラスもあります。

月27日(火)  ASCO2010報告会

 

 詳しくはこちらをクリックしてください


Image Image

 膵がんと告知されたら ”ステップ2”

 MDアンダーソンがんセンター マーサ・アッシェンブレナー 

親ががんになった子どものサポート

親ががんになった時、子どもはとても不安です。でもその気持ちを分かってくれる人はあまり多くありません。アメリカで行われている取り組みを紹介し、私たちにもできる方法を学びます。

7月24日 (土) 女性と仕事の未来館

  詳しくはこちらをクリックしてください


Image

Image

 膵がんと告知されたら "ステップ3"

 国立がん研究センター肝胆膵腫瘍内科 副科長

奥坂先生を囲んで pNET

膵内分泌腫瘍患者のための集い

膵内分泌腫瘍(pNET)の患者さんとそのご家族を対象とした会です。pNETは希少疾患ですので、患者・家族で集まり、意見交換する場も限られています。最新のASCO2010情報も含め、国立がん研究センター奥坂先生が皆様の質問に答えます。

828日(土)第2回膵内分泌腫瘍の会

 詳しくはこちらをクリックしてください



Image

Image

 ASCO2010:膵がん治療の最前線 

 2010 David A. Karnofsky Memorial Award and Lecture

膵臓がん患者とともに闘った「最後の12週間」

アブラキサン+ジェムザール併用療法発見までの軌跡

“The Last 12 Weeks”

by David D. Von Hoff, MD, FACP

詳しくはこちらをクリックしてください


Image

Image

 ASCO2010:膵がん治療の最前線 

 First line treatment for PC Phase 3 Clinical Trial

転移性膵がん患者対象FOLFIRINOX療法ーOS、PFSを有意に延長 

“FOLFIRINOX療法”ファーストライン

by T Conroy, et. al., France

詳しくはこちらをクリックしてください


Image Image

 膵がんと告知されたら ”ビデオ”

 

「膵がん治療の最前線」医療セミナー

2010年度のがん医療セミナーへの参加が難しい場合はこちらをご覧ください。2009年8月1日新宿安田生命ホールで行われた、日本を代表する膵臓がん専門医の講演を無料で視聴できます。

早期膵がんは治る - 膵がんの発現のメカニズム、早期診断、外科療法、

化学療法など、第40回日本膵臓学会総会から最新情報をお届けします

 

  詳しくはこちらをクリックしてください



Image

Image

  医療関係者向けビデオ

 

ビデオ講座 膵精密超音波検査

 大阪府立成人病センター検診部長 田中幸子先生が、膵臓がんの危険因子、高危険群の同定、さらに膵超音波検査の実際について、膵検診マニュアルをもとに頭部、体部、尾部、鉤部の描出方法について詳しく解説します。

 

詳しくはこちらをクリックしてください 


Image

Image

  医療関係者向けビデオ

 

ビデオ講座 膵がん教室

 パンキャンジャパンMACアドバイザー奥坂拓志先生(国立がんセンター中央病院)、看護部 森文子先生が、これから抗がん剤治療を受ける膵がん患者・家族のための膵がん教室について、2年間運営してきた経験を通して、説明します。

 

詳しくはこちらをクリックしてください  


Image

Image

  GIFT CORNER

パープルグッズ

 パープルは希望の色。ホープベア、ホープブレスレットのプレゼントは、患者さんにほほえみを与えます。パープルリボンピンバッチをつけて、患者さんとそのご家族を応援しましょう。

詳しくはこちらをクリックしてください 


Image

  AACRニュース: 

お酒と膵臓がん:メタ分析結果

飲酒量と発がんリスクに相関性あり

 詳しくはこちらをクリックしてください


Image Image

 

 

 

  膵がんパープルリボンキャンペーン      

 PanCAN「膵がんに光をあてよう」

 詳しくはこちらをクリックしてください(英語)


Image Image

 

 

 

RANDY PAUSCH  「最後の授業」の著者、

研究助成の強化を訴える

詳しくはこちらをクリックしてください(対訳付)


Image   Image

 

 

STEVE JOBS  アップル社CEO

膵臓がん体験者として語る

(膵内分泌腫瘍P-NET患者)

詳しくはこちらをクリックしてください(対訳付)


Image Image

JPOP-VOICE: がんと向き合う

 

「家族が膵がんと告知されて」

体験者・医療者・支援者からのメッセージ

 詳しくはこちらをクリックしてください


topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider