臨床試験

■切除可能膵がん術前補助放射線療法

 切除可能膵臓がん患者のレトロスペクティブ解析により、術前補助放射線療法群は、切除単独群、術後補助放射線療法群より有意に生存期間が良好であったことが判明した。

 

 術前補助放射線療法を受けた患者の生存期間は術後に補助放射線療法を受けなかった患者と比較して約2倍の差があることがレトロスペクティブな解析によって判明した。この結果は、11月15日International Journal of Radiation Oncology Biology Physics.[1] 誌にて発表された。

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story