米国癌学会(AACR)レポート: KRAS遺伝子の信号伝達回路に関する研究

2008年4月15日 

Image第99回米国癌学会(AACR)はサンディエゴコンベンションセンターにて4月12日から16日まで開催された。ポスターセッションにおいて東京女子医科大学教授 古川徹氏が発表した「KRAS遺伝子の信号伝達回路に関する研究」についてお聞きしました。

- KRASという発ガン遺伝子は、膵臓がん患者の90%以上に変異がみられるため、いま一番注目されている遺伝子ということですが、その一方でKRAS経由でがん細胞の増殖を抑制することもまた難しいと言われているようですが。。。


topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story