■米国臨床腫瘍学会2009(ASCO 2009 Abstract List)

 

 第45回米国臨床腫瘍学会(ASCO2009)は、5月29日から6月2日までの5日間にわたり開催された。膵臓がんに関連して74の演題が発表された。(Keyword: Panc) 

 

・術前術後療法については、7つの演題発表があり、フェーズ3は(5-FU/FA)対Gemの発表があった。

 

・局所進行がんについては、12の演題が発表され、フェーズ3は、TNFerade+CRTの中間発表があった。

 

・進行膵がんに関しては多数の発表があったが、そのなかでもフェーズ3については、

  ①Gem対Gem+Cisplatin、

  ②Gem+Erlotinib→Capecitabin対Capecitabin+Erlotinib→Gem(中間発表)

  ③CONKO004 Gem+Enoxaparin

 

の中間発表などがあった。

 

・腫瘍マーカーの発表では、膵上皮内がん(CIS)より以前の段階、膵がん前駆病変PanIN1から発見できるマーカーの開発、ステージ4患者の進行度評価、また、治療効果の予測に関するマーカーの開発など、ケア改善につながると期待される発表がみられた。

 

Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE MicrosoftInternetExplorer4 /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-qformat:yes; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:10.5pt; mso-bidi-font-size:11.0pt; font-family:"Century","serif"; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-fareast-font-family:"MS 明朝"; mso-fareast-theme-font:minor-fareast; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-bidi-font-family:"Times New Roman"; mso-bidi-theme-font:minor-bidi; mso-font-kerning:1.0pt;}

分類

演題数

術前・術後補助療法

局所進行膵癌

12

進行膵癌(1st Line)

32

進行膵癌(2nd Line)

免疫療法

治療効果・予後予測

10

腫瘍マーカー

研究

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story