膵がんの患者登録を推進しよう

 

 

難治がんの筆頭である膵がんの医療と研究を支援する組織である米国PanCANは年間8億円の活動予算を擁する巨大なNPO法人。米国国立がん研究所 (NCI)や米国がん研究会議(AACR)と連携し、膵がん研究の方向にまで関与している、日本でいう患者団体とは全く異なる組織である。同組織の日本支 部の事務局長を務める眞島氏は、日本の膵がんの治療成績を上げるため、次のような具体案を提言している。

詳しくは、こちらをクリックしてください (日経癌Experts掲載記事)

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story