日程:2011年6月11日
場所:新宿安田生命ホール

【共催】NPO法人パンキャンジャパン NPO法人キャンサーネットジャパン
【共催企業】日本イーライリリー株式会社

 

第23回 日本艦隊膵外科学会・学術集会 市民公開講座

パープルリボンキャラバン in 東京 「膵臓がんに光をあてる」


パンキャンジャパンは、2011年6月11日、膵臓がん医療セミナーを東京にて開催いたしました。
今回は、東京医科大学 青木 達哉氏を座長にお迎えし、土田 明彦氏、糸井 隆夫氏、小菅 智男氏、石井 浩氏にお話を伺いました。再生リスト動画を続けてご覧になるにはこちらをクリックしてください。


2011-tokyo-2 

◆開会挨拶

第23回日本肝胆膵外科学会・学術集会会長
東京医科大学消化器外科 教授

青木 達哉


 

Video1

 

 

 2011-tokyo-3

◆基調講演(1) 膵臓がんの現状と今後

東京医科大学 消化器外科 准教授
土田 明彦
 2011-tokyo-4

◆基調講演(2) 診断の最前線

東京医科大学 消化器内科 准教授
糸井 隆夫

 

 2011-tokyo-5

◆基調講演(3) 外科療法の最前線

国立がん研究センター中央病院 肝胆膵腫瘍科副院長
小菅 智男

 

 2011-tokyo-6

◆基調講演(4) 化学療法の最前線

がん研有明病院消化器センター 副部長
石井 浩

 2011-tokyo-7

◆パネルディスカッション

モデレーター:

NPO法人キャンサーネットジャパン 川上 祥子
NPO法人パンキャンジャパン 眞島 喜幸

パネリスト:

土田 明彦・糸井 隆夫・小菅 智男・石井 浩

座長によるパネルディスカッションが開催され、
参加者から寄せられた質問に答えました。

 

 

Video1 Video2 Video3 Video4 Video5

 2011-tokyo-8

◆特別セッション

NPO法人パンキャンジャパン 理事
眞島 喜幸
 2011-tokyo-9

◆閉会挨拶

NPO法人パンキャンジャパン理事
澤井 仁

 

Video1

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider