topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

海外ニュース: アブラキサン(ABRAXANE®)は、転移性膵臓がん患者の全生存期間を改善する

海外ニュース

 

アブラキサン(ABRAXANE®)は、転移性膵臓がん患者の全生存期間を改善する

 

昨年11月、セルジーン社(Celgene)が膵臓がんにおける重要な第3相臨床試験に関連するニュースを発表しました。セルジーン社は、ゲムシタビン単剤と比較した場合、ゲムシタビン(Gem)と新薬ナブパクリタキセル(商品名:アブラキサン ABRAXANE®)の併用療法は未治療の転移性膵臓がん患者の全生存期間を改善することを期待するとした内容でした。ゲムシタビン単剤は、膵臓がんの標準療法です。

 

2013年1月22日にセルジーン社が期待する結果を支持するデータが発表されました。ゲムシタビン(Gem)とアブラキサン ABRAXANE®)併用療法を受けた患者は、全生存期間がほぼ2ヶ月(8.5ヵ月 対 6.7ヵ月)延長していることを示しました。 1年生存率も59%の増加が報告されました。この情報は、アブラキサンとゲムシタビンの2剤併用療法は未治療の転移性膵臓がん患者に対する安全かつ有効な治療選択肢であることを示唆しています。また、併用療法は良好な忍容性を示しましたが、アブラキサンとゲムシタビンの併用療法を受けた患者は、ゲムシタビン単剤で治療された患者よりも多くの副作用を経験したと報告されました。

本研究の完全な調査結果は、2013年1月25日にサンフランシスコで消化器癌シンポジウム(GI-ASCO)で発表されました。セルジーン社はその後、膵臓がんにおける承認を得るために米国食品医薬品局(FDA)に、このデータを提供します。 アブラキサンは、すでに乳がんと非小細胞肺がんの治療で米国で承認されています。(注:日本では乳がんで承認済)それが患者の最善の選択肢であると判断された場合は、米国では米国食品医薬品局(FDA)の承認の前に医師は処方することができます。

 

(※日本では現在、杏林大学病院、国立がん研究センター中央病院、国立がん研究センター東病院の3施設にて治験が進行中。詳しくは、JapicCTI-121987 切除不能進行・再発膵癌患者を対象としたABI-007+Gemcitabine(GEM)療法の第I/II相試験 を参照ください)

 

 

 

これらの肯定的な結果は、この病気の治療に新たな一歩を示しています。この成功はまた、現在進行中の臨床試験に参加することが、最先端の治療へのアクセスを可能とする、患者さんにとっては最善の選択肢になるかもしれません。パンキャンでは、膵臓がんに対する治療の進歩は、唯一治験・臨床試験のプロセスによって達成されことから、治験・臨床試験への参加を推奨しています。

アブラキサンとゲムシタビン併用療法についての質問は、パンキャンジャパン事務局まで、電子メール(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)までお寄せください。

 

膵臓がんアクションネットワーク(パンキャン本部)では、治療の選択肢を考えるとき、すべての患者に治験・臨床試験を考えることをお勧めしています。現在進行中の治験・臨床試験についての質問は、パンキャンジャパン事務局までご連絡ください。

 

 

All of this article are copyrighted. (記事の転載には、申請が必要です)  

 

 

Share this post

Submit to FacebookSubmit to Google BookmarksSubmit to Twitter

特定非営利活動法人パンキャンジャパン | 住所: 東京都千代田区富士見1-12-1 〒102-0071
Phone: 03-3221-1421 | Fax: 03-3221-1422 | 連絡先

サイトマップ