ソマトスタチン受容体シンチグラフィ(SRS)の臨床研究

Somatostatin Receptor Scintigraphy/Octreotide Scan


SRSは神経内分泌腫瘍(NET)の全身分布の把握に必須な検査です。特にガストリ

ノーマの局在診断などではSRSを使わないときわめて困難と言われています。SRS

は、日本ではまだ未承認の診断方法ですが、現在,京都大学医学部放射線診断科

で早期承認に向けて臨床研究として実施されており、いま登録中です。NET

の存在する箇所を特定することが必要な方は、ぜひ一度連絡してみてください。

 

試験名:
ガリウム68標識オクトレオタイドによる腫瘍の画像診断。自家合成により合成さ

れた68Ga-DOTA-TOCを患者に投与し、30-60分後にPET/CTを撮像して、集積状況を

画像化する。

 

責任者 中本裕士
京都大学病院    放射線診断科    
京都市左京区聖護院川原町54    
電話 075-751-3538

 

対象:
神経内分泌腫瘍を含むソマトスタチン受容体イメージングが有効と思われる腫瘍

性病変が疑われ、存在診断、病期診断、治療効果判定、再発診断などを目的とし

て68Ga-DOTA-TOC-PET/CT検査が依頼された患者。

 

除外基準:
1.コミュニケーションに著しい障害がある者
2.全身状態が極めて不良な者
3.被験者または被験者に代わる保護者が同意を与えることが困難な者


関連資料:
NET の診断と治療(2)ガストリノーマ
http://www.cancertherapy.jp/net/2012_08/02_02.html

 

膵内分泌腫瘍におけるソマトスタチン受容体とオクトレオチド

https://www.jstage.jst.go.jp/article/suizo/23/6/23_6_710/_pdf

 

Wikipedia -  Octreotide Scan/ SRS

http://en.wikipedia.org/wiki/Octreotide_scan

 

NCI Term Dictionary - Somatostatin Receptor Scintigraphy (Octoreotide Scan)

http://www.cancer.gov/dictionary?cdrid=390250