本年は大変お世話になりました。みなさまのご支援に心より感謝申し上げます。

良いお年をお迎えください

 
 本年はみなさまからご支援、ご援助をいただき、心より感謝申し上げます。
お陰様で、特定非営利活動法人パンキャンジャパンは、そのミッション 
(研究支援、患者家族支援、希望を創る)にそって事業を進め、大きな
成果をあげることができました。
心より感謝申し上げます。
 
 日本では使える薬剤が欧米(9剤)に比べ、3剤と著しく少ないというドラッグラグ問題が
患者・家族を苦しめてきました。パンキャンジャパンでは、ドラッグラグ問題に苦しむ患者の現状を
「厚生労働省がん対策推進協議会」、「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議」、メディアなどを
通して訴えるとともに、署名活動で集まった患者・家族の願いを田村厚生労働大臣に直接届けるなど、
政策提言活動に力を注いできました。
 
 その結果、今年12月にFOLFIRINOX療法(4剤併用療法)の早期承認が実現しました。
来年にはもう1剤(nab-Paclitaxel)承認申請される可能性も見えてきました。これからも、
ドラッグラグ解消につながるアクションをさらに活発化するとともに、その成果をタイムリーに
切除不能進行膵がん患者に還元していきます。
 
 米国パンキャン本部では、2020年までに膵臓がん患者の5年生存率をいまの倍に
向上するべく、がん研究を積極的に支援しています。パンキャンジャパンでは、国内における
早期発見につながる腫瘍マーカーの研究開発、治癒に繋がる治療法の開発などを研究者、
研究施設、企業、学会、国などと協力していきます。
 
 膵臓がんで悲しむ人のいない社会の実現をを目指して、
私どもパンキャンジャパン・スタッフ一同邁進していく所存です。
新しい年に向かい、益々のご指導、ご支援を賜りますようお願いいたします。
 
 みなさま、良い年をお迎えください。
 
 
 
特定非営利活動法人パンキャンジャパン   理事長  眞島喜幸
 
                                    理事・スタッフ 一同
 
 
※ パンキャンジャパンは、明日12月31日より年末年始のお休みをいただきます。
   来年始業日は、1月6日となりますのでよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story