topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

難治性がん医療セミナー・膵臓がん編
がん研有明病院スペシャル〜進化のビジョン2020〜

vision-logo


ariakeandpancanlogo


2014年5月24日(土)13:30開場, がん研有明病院 吉田富三記念講堂(終了)

 我が国では高齢化が進み、難治性がんの筆頭である膵臓がんに罹る人が年間3万人を突破しました。過去40年間、膵がんの5年生存率は一桁台のまま変わらず、いまがんのなかで一番改善が求められているのが膵臓がんです。幸いなことに、状況が動かなかった膵臓がんに近年変化の兆しがみえてきました。いま、膵臓がんの化学療法・外科療法に新しい風が吹きはじめています。

 この度、がん研有明病院の肝胆膵専門医を講師にお迎えし、下記の勉強会を開催することになりました。最も効果が期待できる最新の治療はもとより、皆様の質問に講師の先生方に答えていただく質疑応答の時間も用意しています。ぜひ、この機会にどのような選択肢があるのか、自分には何がベストなのか、今後期待できそうな治験(薬剤)について学んでください。

※定員150名。(定員に達しました。現在当日のお席はございません。ご了承ください。)終了しました
closed

 

開会あいさつ(14:00)   がん有明病院 病院長 門田 守人

難治性がん啓発活動について  

パンキャンジャパン 理事長 眞島 喜幸

講演1:膵がんの化学療法について  

がん研有明病院 消化器内科 担当副部長 石井 浩

講演2:膵がんの外科療法について  

がん研有明病院 消化器外科 肝胆膵担当部長 齋浦 明夫

休憩  

 

質疑応答  

会場の参加者から寄せられた質問に回答いたします。


■定員:定員200名(満員になり受付終了)

■会場:がん研有明病院 東京都江東区有明3-8-31accesstogankenariake

■日時:5月24日(土)14:00〜16:30(開場13:30)

お申込み方法:

インターネットでのお申込み>>事前登録からお申し込みください。
※定員に達しました。なお当日受付はございませんのでご留意ください。closed

FAXでのお申込み:03-3221-1422 ※1)氏名、2)お立場(患者本人、ご家族など)、3)住所、4)電話番号、5)メールアドレスをご記入のえご送信ください。

■共催 公益財団法人がん研有明病院、特定非営利法人パンキャンジャパン

 

 
※本記事の無断転載を禁じます。転載、リンク、取材のご希望はこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。へお問い合わせください。

 

 

 

Share this post

Submit to FacebookSubmit to Google BookmarksSubmit to Twitter

特定非営利活動法人パンキャンジャパン | 住所: 東京都千代田区富士見1-12-1 〒102-0071
Phone: 03-3221-1421 | Fax: 03-3221-1422 | 連絡先

サイトマップ