「有効な治療法のない進行膵臓がん患者に対するサバイビン2Bペプチド・インターフェロン併用療法の第II相臨床試験」

 

現在(2014年10月)募集しているがんペプチドワクチンの臨床試験についてまとめました。がんペプチドワクチン療法とは、身体が本来持っている免疫システムを活性化してがん細胞を排除することをねらった療法です。

※本治験は厚生労働省科学研究補助金によって実施される医師主導治験です。
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/clinical_trial/ct_list.html


対象は条件を全て満たす患者様になります。詳細は下記の各実施医療機関にお問い合わせください。

  • 1 HLA-A2402遺伝子陽性の進行膵がん患者さん
  • 2 GemcitabineまたはTS-1の治療を受けたが、効果がない、または副作用のために継続できない患者さん
  • 3 過去に免疫療法を受けたことがない患者さん
  • 4 その他、適応条件に合う患者さん

 

実施医療機関

札幌医科大学病院、東京大学医科学研究所病院、神奈川県立がんセンターの3施設です。

札幌医科大学病院 医学部第一病理

TEL 011-611-2111 (内線2691)
ホームページURL
http://web.sapmed.ac.jp/hospital/topics/news/mumhv60000004p0q.html

 

東京大学医科学研究所附属病院 TR・治験センター

TEL:03-5449-5462
ホームページURL
膵臓がんペプチドワクチン治験案内ポスター
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/tr/poster/02poster.html

TR・治験センター
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/tr/entry.html

 

神奈川県立がんセンター がんワクチンセンター

TEL:045-520-2227
ホームページURL
膵がんワクチン治験案内ポスター
http://kcch.kanagawa-pho.jp/outpatient/files/wakuchin_poster140910.pdf

がんワクチンセンター
http://kcch.kanagawa-pho.jp/outpatient/vaccine.html

(資料)治験登録適格性基準

http://kcch.kanagawa-pho.jp/outpatient/files/20140909wakuchin.pdf 

 

関連情報

ブックレット:『日本の臨床試験』

パンキャンプレスによる、膵臓がん・胆道がんを中心に、がんに罹患されている患者さん・ご家族を対象に、臨床試験とはどのようなものかを理解して頂くための本です。
国立がん研究センターの奥坂先生をはじめ、日本の臨床試験の機関に携わられる先生方が、ご監修・執筆くださりました。この本は2部構成になっており、第1部では新しい薬が作られていく過程と、その中で重要な役割をもつ臨床試験を、そのメリットとリスクを含め様々な角度から解説しています。

 

がん患者のための臨床試験の話

日経BP社がんナビReportの連載記事です。以下抜粋:
「臨床試験に参加しませんか」―。がんの治療中、担当医にそう声をかけられたり、ポスターやチラシを目にしたりしたことはないだろうか。「臨床試験って興 味はあるけど、なんだか怖い」「人体実験のようなものではないか」と思っている人もいるかもしれない。臨床試験は何のために実施されるのか、参加するとど んなリスクとベネフィットがあるのか―。がん患者が知っておきたい基礎知識をまとめた。(福島安紀=医療ライター)

 

がんペプチドワクチンついての関連新聞記事:

2013年11月3日日本経済新聞「膵臓がん患者治験を開始」(PDF)

2014年9月11日神奈川新聞「ワクチン治療確立へ」ほか(PDF)