liquid biopsy

海外ニュース:リキッドバイオプシー(血液生検)と機械学習を用いた新血液検査法で膵がんなど8種類のがんを患部を含めて検出識別

2018年3月8日
http://biomarket.jp/bioquicknews/article716.html

 

Johns Hopkins Kimmel Cancer Centerの研究チームは、CancerSEEK(キャンサーシーク)と呼ばれる、1回の血液検査で8種の一般的ながん種を検出し、がんの部位も判定できる検査法を開発した。このCancerSEEKと呼ばれる検査法はユニークな非観血性の多検体検査法であり、8種のがんタンパク質のレベルを同時に測定し、血中循環DNAのがん遺伝子変異を検出することができる。この検査法は、アメリカでがん死の60%以上を占めるもっとも一般的ながん8種を検出することを目的としている。この8種のうち、5種はこれまでスクリーニング検査法がなかったものである。

 

この論文の首席著者で、腫瘍学と病理学の教授を務めるNickolas Papadopoulos, PhDは、「がんの早期発見に特定のバイオマーカーの組み合わせを用いる方法はがんスクリーニング検査法を大きく変える可能性があり、もともとはがんの治療に複数の薬剤の組み合わせを用いるのと同じ原理だ」と述べている。この論文は、2018年1月18日付Scienceオンライン版に掲載された。論文は、「Detection and Localization of Surgically Resectable Cancers with a Multi-Analyte Blood Test (多検体血液検査による外科的切除可能ながんの発見と部位判定)」と題されている。

 

この論文の第一著者で、Johns Hopkins University School of MedicineのMD, PhD課程に所属するJoshua Cohenは、「この固有の特異性を利用するため、大量のがん中の突然変異を少なくとも一つは検出できる小さくしかも強力なパネルの開発を考えた。事実、擬陽性判定を防ぎ、スクリーニング検査を安価にするためには突然変異パネルを小さくすることが求められる」と述べている。研究チームは、最初は数百の遺伝子と40種のタンパク質マーカーを調べたが、徐々に絞ってゆき、最終的に16種の遺伝子と8種のタンパク質のセグメントを対象とした。ただし、研究チームでは、この分子検査はがんスクリーニング検査のみを目的としており、医療措置可能な標的を判定するために大量のがん発生遺伝子を解析することに頼っている他の分子検査とは異なることを強調している。

 

この試験は癌に対する99%以上の特異性を有していた。


「偽陽性の結果は、癌の存在を確認するために不必要な侵襲的フォローアップ検査や手順を患者に与える可能性があるため、非常に高い特異性が不可欠でした」とLedwigの腫瘍学および共同ディレクターのKenneth Kinzler博士センター。
この試験は812人の健康な対照に用いられわずか7つの偽陽性結果しか得られなかった。

この試験は、卵巣、肝臓、胃、膵臓、食道、結腸直腸、肺、または乳房の非転移性ステージI〜IIIの癌を有する1,005人の患者を評価した。全般的な感度の中央値、またはがんを見つける能力は70%であり、卵巣がんの98%の高さから乳がんの33%の低さまでの範囲であった。卵巣癌、肝臓癌、胃癌、膵癌、および食道癌のスクリーニング検査を受けていない5つの癌について、感受性は69%〜98%の範囲であった。

 

「我々の分類方法の新規性は、様々なDNA突然変異を観察する確率といくつかのタンパク質のレベルを組み合わせて最終的な呼出しを行うことである」とCristian Tomasetti博士は述べた。腫瘍学および生物統計学の准教授は、アルゴリズム。 我々のアプローチのもう一つの新しい側面は、機械学習を使用して患者の83%の少数の解剖部位まで腫瘍の位置を正確に決定できるようにすることです。


現在の検査ではすべてのがんが検出されませんが、検出されない可能性のある多くのがんを特定します。

今日もっとも有望ながん治療の多くは、少数の癌患者に恩恵を受けるだけであり、私たちはそれらを大きなブレークスルーと考えています。早期のがん検診の進展を進めるにはすべてのがんを検出する試験がないことを認識してより現実的な方法で検討しなければなりません」とルードヴィヒの共同ディレクターのバート・ヴォーゲルスタイン

 

 

(写真)センター、Clayton腫瘍学教授、Howard Hughes Medical Instituteの研究者。

 

この研究チームは、CancerSEEK検定に含まれた検体について癌の遺伝的青写真が初めて作成されたJohns HopkinsのLudwig Centerで作成された30年以上にわたる癌遺伝学研究のデータと他の多くの機関から、CancerSEEK試験で評価する最適なDNA塩基数を正確に決定するために、研究者はリターンの減少に基づく方法を使用しました。

続きは以下をご参照ください。


http://biomarket.jp/bioquicknews/article716.html

 

#リキッドバイオプシー #血液検査法 #がん #CancerSEEK #DNA #すい臓がん #膵臓 #ジョンズホプキンス #突然変異 #スクリーニング法 #たんぱく質 #パンキャン #偽陽性 #マーカー

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story