11月10日 NETキャンサーデー(国際神経内分泌腫瘍の日)

 

神経内分泌腫瘍

 

神経内分泌腫瘍(NET)とは、びまん性内分泌系の細胞から発生する腫瘍で、しばしば遅く成長する多様な種類の腫瘍を指す包括的な名称です。

NETは、肺または消化器系で最も一般的に見出されます。他の部位の中では、膵臓、卵巣および精巣のような部分でも発現することがあります。

 

なぜ全世界でNETキャンサーデーを開催するのですか?

 

政策決定者、医療従事者、および一般市民の間で、常にネットキャンサーデーの啓発を行い、意識を高める必要があるからです。情報は、NET患者の生活の質および予後を改善するために重要です。従って、意識を高めることが私たちの主な活動目標の1つです

  • 多くの場所と多くの国で同時に啓発活動をすることで、
  • NET患者の声をより多くの人々が聴くことができます。NETの早期発見はがん対策の優先事項です。
  • NETに焦点を当てた1日が、NET癌患う人々、その介護者および家族に希望と情報をもたらすことができるからです。
  • 私たちは世界中のNET患者のケアと治療へのアクセスを平等にしたいのです。
  • NETの共同体のすべてのステークホルダーを同じ目標に導くことができる行動が必要だからです
  • 私たちは研究と治療のためにもっと多くの資金を必要とし、NETのがん撲滅に向けたより多くの研究と努力が必要だからです
  • NET患者のために戦い続ける必要があるからです
  • 国内および国際レベルで政策行動をコーディネートする必要があるためです

 

NETキャンサーデーに誰が参加できますか?


NETキャンサーデー:

  • 患者、介護者、家族
  • 患者支援団体、慈善団体
  • 医師およびその他の医療従事者
  • 一般市民
  • 政策立案者
  • 科学者と学者
  • 製薬企業およびバイオテクノロジー産業
  • メディア(一般に公開するツールとして)

 

世界的ながんの意識を啓発するためのNETキャンサーデーは、地方/国レベルで柔軟性のあるアプローチが可能です。地元の環境によっては、パートナーとサポーターは1日または1週間ほどNETキャンサーデーを開催することができます。 その国で大きなイベントがある場合は、そのイベントにあわせて開催することも可能です。または小さなイベントの周りで開催することもできます。一部のNET患者会は、啓蒙活動を通して、医療関係者の意識向上に専念することを求めるかもしれません。その一方で、他のNET患者団体はその日を組織のファンドレイジングのチャンスとして利用するかもしれません。 NETキャンサーデーのウェブサイトには、地域のキャンペーンを支援するさまざまなツールが用意されています。


医療従事者へのアプローチ

 

今年の世界的ながん予防啓発デーの焦点が「早期発見」であるため、、国際的な神経内分泌癌協会(INCA)のメンバー組織は、医師やその他の医療従事者をそのイベントに招待するよう奨励されています。

地元のグループは、この重要なグループの中でNETがんの理解と認識を高めることを目的として、医療従事者のための教育イベントを組織することを選ぶかもしれません。

 

NETキャンサーデーは、国際的な神経内分泌癌協会(INCA)が国際レベルで調整し、パートナー組織の代表者で構成された、毎年行われる希少がんステークホルダーの意識向上のための啓発イベントです。

詳細はこちらへhttp://incalliance.org/

 

 

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story