plant

海外ニュース:すい臓がんの外科切除を可能にするための放射線療法と化学療法の臨床試験

 

2018年3月15日

 

標的放射線化学療法は、膵臓癌を縮小することで、患者を手術療法の候補者にすることはできるか?

臨床試験では、放射線照射の強化と化学療法の併用により、外科的に切除可能な膵腫瘍(Conversion Surgery)の数を増加することができるかどうかが検討されています。手術の対象とならないグループの参加者は、引き続きモニターされます。

 

放射線と化学療法の組み合わせ

 

研究対象となる放射線の種類は、陽子線です。この強力なビームを標的領域のみに到達するように焦点を合わせることができます。

放射線治療と同じ日に、臨床試験の参加者は、カペシタビン(商品名Xeloda)という細胞周期を中断させることによって癌細胞の増殖を停止または遅らせる代謝拮抗薬を服用します。カペシタビンは丸い錠剤であり、それはフルオロウラシル(5-FU)のプロドラッグ形態です。プロドラッグは、体内で代謝されるまで不活性である薬物を意味します。プロドラッグは、癌細胞だけでなく多くの細胞にしばしば影響する抗がん剤の副作用を低減することができます。

 

臨床試験の詳細

 

この試験は、膵がんの手術ができないか、またはボーダーラインの患者を対象としたものです。すべての参加者は試験治療を受けます。外科的除去が可能かどうかを決定するために、X線によって治療の有効性を評価します。参加者はまた、選択された間隔で消化器がん患者のための症状および機能についてのがん療法の機能評価アンケートに記入する必要があります。

医師に相談して、適切な臨床試験を受けることをお勧めします。ウェブサイト「Clinicaltrials.gov」には、この試験についての詳細や他の多くの臨床試験情報が掲載されています。 パンキャン本部が運営する「Clinical Trials Finder」にアクセスして、すべての登録中の膵臓がん臨床試験の一覧を見ることができます。

 

PanCAN Clinical Trials Finder

https://clinicaltrials.pancan.org/

 

 

 

 

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story