Ann Oncol. 2019 Jan 1;30(1):44-56. doi: 10.1093/annonc/mdy495.

免疫療法バイオマーカーとしての腫瘍突然変異負荷(TMB)の開発:クリニックへの有用性

著者:Chan TA Yarchoan M, Jaffee E, Swanton C, Quezada SA, Stenzinger A, Peters S.

2019年1月1日

背景:

抗プログラム細胞死タンパク質1(PD-1)、抗プログラム細胞死リガンド1(PD-L1)、および/または抗細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質などの薬剤による免疫チェックポイント遮断(ICB)による治療(CTLA-4)は、印象的な奏効率および永続的な疾患寛解をもたらし得るが、癌を有する患者のサブセットにおいてのみである。 PD − L1の発現は、ICBに対する応答について患者を選択する際の有用性を実証しており、そして患者選択のための重要なバイオマーカーであることが証明されている。腫瘍変異負荷(TMB)は潜在的なバイオマーカーとして登場している。ただし、解釈と文脈化の洗練が必要である。

材料および方法: 

このレビューでは、腫瘍学のバイオマーカーとしてのTMBの進化を概説し、TMBをクリニックでどのように適用できるかを概説し、診断テストとして現在の限界を議論し、TMBの研究によって明らかにされたメカニズムの洞察を強調している。我々は、ICB活性の予測バイオマーカーとしてTMBの閾値を提案する研究に焦点を当てながら、腫瘍の種類別にICBに対する反応のバイオマーカーとしてTMBを研究してきたこれまでの利用可能なデータを検討する。

結果:

高TMBは一貫してICB療法の利点を選択する。肺がん、膀胱がん、頭頸部がんでは、現在の予測されるTMB閾値によって、全エクソーム配列決定(WES)によるおよそ200の非同義の体細胞変異が提案された。 PD-L1発現は、単剤PD-(L)1抗体を用いた高TMB腫瘍におけるICBに対する反応に影響を及ぼす。しかし、抗CTLA4療法または抗PD-1 / CTLA-4併用療法の設定では、奏効はPD-L1発現に依存しない可能性がある。様々な他の悪性腫瘍における反応の効果的な予測のための疾患特異的TMB閾値は十分に確立されていない。

結論:

TMBは、PD − L1発現と協調して、いくつかの癌種にわたるICB選択のための有用なバイオマーカーであることが実証されている。ただし、さらに前向きな検証研究が必要である。選択した標的パネルによるTMBの決定は、WESと相関している。現在国際的に使用されているすべてのプラットフォームで最適な実用性と調整を行うためには、校正と調整が必要になる。さまざまな種類の腫瘍で広く使用される前に、重要な課題に取り組む必要がある。