■ 膵臓がんとパンキャンジャパンが報道されました

『[報道] 週刊女性 3/31号 

難治がんのリアルー怪しいがん治療の見分け方 

NAD Press1 1317日、国立がん研究センターの発表により、全がんの10年生存率が57.2%と、前回調査より結果が上回ったことが報道されました。「がんの罹患者の半数以上が、10年以上共存できる」という報道の中、5年生存率が低迷したままになっている膵臓(すいぞう)がんをはじめとする難治がんについての特集が、週刊女性で組まれています。

がん先進国である米国では、「5年生存率が50%以下のがん」 と定義されている難治がん。わかっているようで、わからない 「難治がん」についての解説をはじめ、罹患者の家族の体験談により、「何が兆候か」「何に気を付ければよいか」等、罹ったときのヒント等が解説されています。膵臓がんからは、パンキャンジャパン 眞島理事長がインタビューを受け、紙面で解説させていただいております。

ここが見どころ!

病気なったうえにさらに怪しげな治療に引き込まれないように、特集では信頼できる情報源や、怪しい治療の注意すべきポイントがまとめて明記されています。

 

 

参考記事

■週刊女性HP
  https://www.shufu.co.jp/tax_magazine_kind/jprime/

■眞島理事長のインタビュー動画 「患者会からのメッセージ」

  http://urx3.nu/bA0W

 *上から2つめの動画をご参照ください。

   膵臓の手術をするときの判断と決意、術後の食事と体力による努力とコントロール等が語られています。

■この記事は、パンキャンのfacebookでも、詳細が紹介されています。

 パンキャン 公式facebook

 『[報道] 週刊女性3/31号に、膵臓がんとパンキャンジャパンが掲載されました

 http://urx3.nu/Ih3V

ご興味のある方は、ぜひご参照ください。

 

◆その他関連画像

 

NAD Press1 2 NAD Press1 1

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider