Coronavirus FAQ

『新型コロナウイルスと膵臓がんに関するQ&A』

著者 アリソン・ローゼンツヴァイク博士

2020年3月17日


現在、欧米で猛威を振るう新型コロナウィルスについて、パンキャン本部では、すい臓がんとコロナウィルスについての様々な記事をUPし、情報提供を行っています。ここでは「FAQ〔よくある質問〕」と「介護者が留意すること」という記事についてご紹介いたします。アメリカでは、U.S.Centers for Disease Control (CDC:米国疾病対策センター)が新型コロナウィルスについての「ガイドライン」を発表していますので、そちらについての情報も下記に(日本語訳)ダイジェストにしてご案内いたします。

米国編集者注:新型コロナウイルス病(COVID-19)に関する最新の情報とガイドラインについては、米国疾病対策センター CDC)に掲載されていますので、そちらのガイダンスにしたがってください。情報は常に変化していますのでご注意ください。)

新型コロナウィルス感染症については現在ほとんど分かっていません。したがって、健康に関連することはすべて、医師やケアチームと話し合う必要があります。以下に、一般的なアドバイスと提案を示します。
COVID-19と膵臓がんに関してパンキャンに寄せられた質問に関する、パンキャンの最高医療責任者(特任)のジョセフ・ハーマン医師からの回答です。

 

1. コロナウイルス病 (COVID-19)とは何ですか?

人間や動物に影響を与える可能性のあるウイルスの一群を指します。 このウイルスの一群は、風邪のほか、SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)などのより深刻な疾患の原因となります。
具体的には、現在のコロナウイルスは「SARS-CoV-2」と呼ばれています。ウイルスが引き起こす病気はCOVID-19で、「コロナウイルス病2019」を表します。 COVID-19はウイルスではなく、病気の名前です。
この特定のウイルスはこれまで人間には見られなかったため、私たちの免疫システムはそれほど迅速にまたは効果的に反応を起こすことができません。 そのため、いったん感染するとより深刻な症状を引き起こす可能性があります。 これは、高齢者、免疫抑制されている人、 糖尿病 、心臓または肺に問題のある人にとって特に危険です。
COVID-19の症状は通常、発熱、咳、息切れを含みます。症状は軽度から重度の範囲であり、合併症は上記の危険因子を持つ人々でより深刻になる可能性があります。

 

2. 膵臓がん患者はCOVID-19のリスクが高いですか?

COVID-19がさまざまな集団にどのように影響するかについては、まだ調べる必要があります。分かっていることの1つは、それが高齢者に悪い影響を与えることであり、膵臓がん患者の約3分の2の方は少なくとも65歳です。また、膵臓がん患者は糖尿病になる可能性が高く、また糖尿病患者ではCOVID-19のリスクが高くなる可能性があるため、糖尿病のコントロールを維持するためにあらゆる努力を払うことが重要です。化学療法または放射線療法を積極的に受けている患者は、免疫系が弱く、感受性が高い可能性があります。しかし、繰り返しますが、確かなことはわかりません。 手術から回復している患者もリスクが高い可能性があります。
リスクを心配する人にとっては、過去数週間に病気になった人、または最近交通機関を利用したり旅行したりした人との接触を避けること、そのような人々への曝露を制限することが重要です。
一般的な注意することは、他人への暴露をできるだけ制限し、絶対に必要な場合にのみ旅行してください。

 

3. 膵臓がん患者がCOVID-19の症状を訴え始めたら、どうすればよいですか?

CDCガイドライン(米国疾病対策センターのガイドライン(下記参照))に従い、COVID-19に曝され、発熱や咳や呼吸困難などの症状を発症したと思われる場合は、 医療機関に連絡して医療アドバイスを受けてください。
これは特に、 膵臓がんの治療を積極的に行っていたり、免疫抑制されていたり、または他の深刻な病状にあるときにこれらの症状が現れる場合に当てはまります。
現時点では「正しい」答えはなく、引き続き、ケアチームや主治医に連絡し、さらなる指示を求めるのが最善です。
(医療専門家と連絡を取れる場合は、あなたが追加の曝露の危険を冒す可能性がある緊急治療室または医者のオフィスに行くべきかどうかに助言を得てください。症状は急速に悪化する可能性があるため、この決定は医師またはケアチームの助言を得て動く必要がある点が重要です。)

 

4. この時点で、患者は検査または治療の予約をスキップする必要がありますか?

今後の予定について医療チームは患者と話し合って、キャンセルするか延期するようアドバイスするかどうかを判断します。 たとえば、患者は健康で定期的にフォローアップしている場合(活動性のがんがない場合)、状況が改善するまで、医師による診察の受診を延期するのが最善の場合があります。
手術、化学療法、放射線療法の治療の予定がある患者さんの場合、医療チームと相談してください。(個人と治療の旅のどこにいるかによって、その答えが異なります。)

 

5. 膵臓がん患者は、どうすれば社会的に自分自身を遠ざけながらつながりを保つことができますか?

患者(と、その介護者)の精神的・肉体的な健康は、この困難な時期にできるだけ多くのセルフケアを実践することが重要です。健康的な食事をし、よく眠り、運動をすることです。
(FaceTime、Google、ズームなど、親密な人々と密接に連絡を取り合う方法もあり、物理的な距離から接続を感じることができます。 大切な人、特に最も弱い立場にある人々に手を差し伸べて確認してください。 )


************
出典:https://www.pancan.org/…/frequently-asked-questions-about-…/

■記事②「COVID-19: What Pancreatic Cancer Caregivers Should Keep in Mind(COVID-19:膵臓がんの介護者が心に留めておくべきこと)
」ジェニファー・ケネディ著 2020年3月19日
https://www.pancan.org/…/covid-19-what-pancreatic-cancer-c…/
(注:コロナウイルス病(COVID-19)が膵臓がん患者にどのように影響するかについては、上記記事を併せてご参照ください)

■関連資料 米国でのコロナウィルスのガイドラインとなるもの
●「CDC:米国疾病対策センター」発表「コロナウィルスについてのガイドライン」
 https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html

●「日本:医療従事者のためのCOVID-19検査のまとめ」
山田 悠史 埼玉医科大学
https://slide.antaa.jp/article/view/864c99c5f5b745fd#17

 

■英語ができる方は、米国のパンキャンの相談窓口がご対応いたします [ Contact Patient Central ]

#CDC #米国疾病対策センター #コロナウィルス #ガイドライン #COVID19 #すい臓がん #膵臓 #PanCAN #パンキャン #眞島喜幸
Hear from PanCAN’s interim chief medical officer, Dr. Joseph Herman, about how coronavirus disease (COVID-19) impacts pancreatic cancer patients and their caregivers.


このウェブサイトについて
pancan.org
FAQs About Coronavirus Disease (COVID-19) and Pancreatic Cancer – Pancreatic Cancer Action Network
Hear from PanCAN’s interim chief medical officer, Dr. Joseph Herman, about how coronavirus disease (COVID-19) impacts pancreatic cancer patients and their caregivers.

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider