Lets Win BRCA

サバイバーストーリー:ドロン・ブロマン(ステージ4)

がん遺伝子パネル検査はゲノム治療につながります

著者:ドロン・ブロマン

2018年10月23日

•IV期の診断により、マイアミからボストンのダナファーバーがんセンターに転院
•FOLFIRINOX治療に対する優れた反応
•がん遺伝子パネル検査により、BRCA2変異があることが示される
•維持療法のPARP(パープ)阻害剤について

私はフロリダ州マイアミの不動産開発会社で働いています。 2015年の秋に、私はステージIVの膵臓がんと診断されました。

数か月間、胃の痛みがありました。だんだん痛みがひどくなり、最後はがまんできず、アベンチュラ病院の緊急治療室に行くことにしました。CTスキャンの後、医師は悪い知らせを持って戻ってきました。肝臓に6つの転移がある、平均余命が6〜10か月のステージIVの膵臓がんでした。私は「すい臓がん治療の最高の病院」をグーグル検索したところ、ボストンのダナファーバーがん研究所がでてきました。 早速、ボストンのダナファーバーがんセンターを訪れ、キミー・ング博士と面会し、2週間後、FOLFIRINOXによる治療を開始しました。FOLFIRINOXによくみられる神経障害や脱毛などの副作用に直面しながら、治療のために2週間ごとにマイアミからボストンに通院しました。FOLFIRINOXのお陰で、私の腫瘍は6ヶ月後にほぼ完全に消えました。

■なぜFOLFIRINOX治療はそれほど効いたのか?

ング博士は、腫瘍に何らかの遺伝子変異があるときに、FOLFIRINOXが特に効果的になるかを知りたいと考えていました。ング博士と一緒に抗がん剤治療を始める少し前に、ング博士と同僚はゲノム医療検査研究プロジェクトを始めていました。この研究プロジェクトに入るには、がん組織を得るために追加の生検が必要でしたが、私は参加することに同意し、腫瘍のDNAシーケンスをしてもらいました。それにより、私の膵臓がんにはBRCA2遺伝子変異があることがわかりました。この突然変異は遺伝したものではなく、私の膵臓の細胞でランダムに発生したものでした。

がん遺伝子パネル検査は、遺伝性BRCA2のがんに対して有効な薬剤が、私の膵臓がんに利用できるということを示してくれました。この薬はBRCA2関連の卵巣がんに対して承認されていますが膵臓がんには適応外でした。ング博士は私の保険会社に連絡して、オラパリブの使用を許可するよう依頼してくれました。ング博士は、この薬がBRCA2のランダムな変異に対して、どの程度効果があるかはわかりませんでした。薬を飲み始めて 6か月後に撮ったMRIおよびCTスキャンにより、がんが再発していないことが示されました。

編集注: 2019年12月27日、FDAはPARP阻害剤オラパリブ(商品名Lynparzaリンパルザ)を膵臓がんに対して承認しました。日本での承認は2021年上半期の予定。

■日常生活に戻る

私は現在、副作用のないオラパリブ錠を維持療法として毎日12錠服用しています。私のCA 19-9レベルは正常値内にあります。この治療が働き続ける限り、私はこの薬物療法を続けます。

診断されたときは仕事をやめたので、治療に集中することができました。私は元気にしているので、全速力で仕事に戻ることにしました。 2017年にヨーロッパとイスラエルに旅行しました。いい気分です。いま私はすこぶる健康で、1日12マイル(19キロ)、週6日歩いています。友達は私がどこまで元気なのか、信じられないと言います。

(Source:Survivor Story-Let's Win Lustgarten Foundation)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<免責事項>この医療記事は、サバイバーの経験を紹介する目的で書かれています。特定の治療法や薬の使用を推奨するものではありません。ご自身の病状については、担当医とよく話し合ってください。このウェブサイトの情報を利用して生じた結果についてPanCANJapanは一切責任を負うことができませんのでご了承ください。

 

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider