Survivorstory gary carmicheal

サバイバーストーリー:ゲーリーカーマイケル(ステージ3)


私が直面した最大の危機:膵臓がん
2009年の夏の初め、58歳のとき、私は不快な症状を経験し始めました。

著者 ゲーリーカーマイケル

2020年6月16日

•黄疸がついに診断をもたらす
•手術でチャンスをつかむ
•困難な化学療法と放射線
•臨床試験への参加
•人生を楽しむ

私はさまざまな市販の胃酸抑制剤と胃酸逆流抑制剤を服用し始めましたが、それは症状を助けましたが解決しませんでした。やがて私はかかりつけの医師に診察してもらうために予約をとりました。それが最初の医学的介入で、彼は私がプリロセック(別名オメプラゾール;プロトンポンプ阻害薬に属する胃酸抑制薬)を定期的に使用するようにと提案しました(私は今日でも飲み続けています)。そして、基本的な血液検査を含む身体検査を行ったことを思い出します。私の基本的なシステムはすべて正常に機能しており、彼が要求した血液検査はすべて正常に戻りました。私の体重は約260ポンド(118キロ)で、過去25年以上前と同じでした。私は6フィート2インチ(188センチ)で、いつも大きな男でした。若くて活動的だったときは約25ポンドくらい体重を落とすべきでしたが、大丈夫だと感じていて、体調もよく、屋外活動をしたり、時々ジムに通っていたので、決して減量などしませんでした。

 

 

2か月後に早送りすると、体重が約20ポンド(9キロ)減っていました。私は大丈夫だと感じましたが、私が食べていたいくつかの食品、特に揚げ物によるガスと腸の機能の問題を経験しました。南部で生まれ育った子供として、フライドチキン、マックアンドチーズ、チーズバーガーなどの食べ物は私の人生の主食でしたが、今ではこれらの脂っこい食べ物を摂ると消化不良になりました。私は腸内にウイルスがいて感染しているのだと確信していたので、妻は私に胃腸専門医に行くことによってさらなる検査をしもてらうように説得しました。父が60歳で前立腺がんの治療を受け、その後2年間食道がんと闘った後(2001年に)80歳で亡くなりましたが、自分ががんであることは疑いもしませんでした。

次の8週間にわたって、私は新しい「胃」の専門医のクリニックを2、3回を訪れました。これらの検査には、自宅での検便用キットも含まれていましたが、異常なものを見つけることができませんでした。しかし、私の体重は約230ポンド(約104キロ)に減少していました。私の医師はまた、私が腸内ウイルスを持っているのではないかと疑っていましたが、癌が私の問題を引き起こしている可能性があるとは信じていませんでした。

■ようやく診断

2009年8月下旬、ジョージア州ブルーリッジのキャビンで休暇を過ごしていたとき、ある朝、目が覚めると、頭からつま先まで真っ黄色になり、虫が私の周りを這っているかのようにかゆみました。私たちはこの症状について、すぐに医師に電話しましたが、医師からは、黄疸の原因となっているのは胆管が詰まっている可能性が高いので、すぐに家にもどるように勧められました。

数日後、閉塞した胆管を開くために新しいステントを入れ、上部消化管内視鏡検査(EUS)で腹部を調べて、閉塞の原因を調べました。

そこでは、私の膵臓の頭に付着したおよそ25セント硬貨(直径24㎜ 100円硬貨より少し大きいサイズ)の大きさの腫瘍が見つかりました。そのインパクトは命よりも大きかった。私の医者のこの発見について言うべきことに良いことは何もありませんでした。彼は私たちにいくつかの非常に厳しい統計情報を提示し、同時に利用可能ないくつかの治療選択肢について説明しました。膵臓がんの生存率は約5%であり、ほとんどの患者は医学的介入の有無にかかわらず3〜6か月以内に死亡したと医師に言われたのはこれが初めてでした。妻と私は家に帰り、次の24時間を費やして、膵臓がんとは何か、そしてなぜ私たちは非常に心配する必要があるのかを学びました。

私は33年間、警察官として過酷な環境で働いており、自分の個人的な安全についてはあまり心配することなく、自分の死と人的破壊の分だけを見ていました。しかし、私の診断の最も困難な部分は、私の成人の子供たちに私のがんと私の懸案の死についての困難な現実について話すことでした。

膵臓がんについて私たちが読んだことはすべては、発見または生存するのがいかに難しいかを中心に展開していました。発見に関する私自身の経験は、これらのステートメントがいかに正確であるかを証明しました。最初の症状から診断までの時間は約4か月でした。これは、なぜ多くの人がこの癌で死亡するのかを十分に説明しています。私たちの町のリーディングでは、進行する前に非常に多くの癌を発見して治療することができるが、膵臓がんはそうではないことを学びました。この癌は最初に発見されたとき、すでに進行しており転移性であるため、ほとんどの患者が死亡しています。私の腫瘍はII期かIII期に入ったばかりであると医師が推定したため、私は明らかに「幸運」でした。腫瘍が膵臓の尾部ではなく頭部にあったことも幸運でした。腫瘍の位置は、外科的介入をどれほどうまく完了させることができるかに大きく関係していることがわかりました。

■膵頭十二指腸手術の登場

今後の展開は非常に不透明でした。一部の医師は膵癌を術前化学療法と放射線療法で治療し、それから手術を推奨し、他の医師は外科的切除を先行することを推奨していました。手術には、ウィップル術(膵頭十二指腸切除術)を行いました。私の家族は、他の治療をする前に腫瘍を切除してほしいと思っていましたので、私も同意しました。この癌を取り除きたいと思いました。

私たちが最初に学んだことは、膵頭十二指腸切除術は非常に複雑な手術であり、それ自体が必ずしも簡単に実行できるわけではないということです。セントビンセントメディカルセンター(フロリダ州ジャクソンビル)での手術の前に、私の外科医であるケネスジョーンズ博士は、私の膵臓にたどり着くときに最初に行うことは、周囲のすべての臓器からサンプルを採取して、私の癌はすでに広がっていないか確認することだと説明しました。外科医は、もし、周囲の組織で転移を発見した場合、手術は効果がないので腫瘍の切除に進まないだろうと私たちに話しました。私が麻酔を覚めた後まで、彼が何を見つけたのかわかりませんでしたが、私の手術が完了すると、彼は妻に説明しました。

2009年秋、私は10時間の膵頭十二指腸切除術を受けました。その後、リカバリールームで、腫瘍を完全に取り除くことができたと医師に知らされました。癌が他の領域に広がっているという証拠は見つかりませんでした。これで、膵臓癌を打つ機会が増えました。私の外科医は私の膵臓から癌のすべてを切除することができたと信じていました。私の膵臓はまだ機能している臓器の約50%を残していました。

術後、私は5週間入院しました。高熱のためにICUに何度も通院し、排尿障害、機能しない腸、さらに多くの体重減少がありました。退院するまでに体重は170ポンド(77キロ)にまで減量していました! 2009年の感謝祭の時期に病院から釈放されました。その年は恒例の七面鳥は私の食卓にでてきませんでした。

■次のステップ:化学療法と放射線

自宅で次の4週間休んだ後、私は化学療法のためにジャクソンビルのメイヨークリニックに行きました。 2009年12月31日に最初の化学療法を開始し、その後さらに多くの治療を行い、その後数か月後に放射線療法を行い、さらに別の化学療法を行いました。私の最後の化学療法は2010年8月頃でした。私はジェムザールから始めましたが、発疹がひどいので、FOLFOXに切り替えました。これらの治療の最も困難な部分でどれほどひどく感じたかについては、たくさん書くことができましたが、どれほどひどく感じたかを言葉で適切に説明できるかどうかはわかりません。化学療法について、生き残った私が話をしたほとんどの人も同じように、化学療法がどのように人を完全に惨めに感じさせるかを言葉で表現するのは難しいと感じました。私の場合、それは私を機能していない人の状態にしました。私は惨めでした。あるとき、私は一度に何日も胎児の体位で寝ました。

生存者としてのこの数年後も、私はしばしば妻と家族に繰り返し言いました。私のがんが再発した場合、私の唯一の選択肢がこの期間中の化学療法であった場合、二度と化学療法を使ってがんとは戦わないことにしました。現在、他の治療の選択肢があることを知っていますので、それらを検討したいと思います。

■臨床試験への参加

最後の化学療法から1年後の2011年に、ジョンズホプキンス大学病院(ボルチモア市)のシドニーキンメル癌センターで、1年以上生存し、ホイップル手術を受けて化学療法を完了した患者を対象に、膵臓がんワクチンの臨床試験を発見しました。そして放射線。これらすべての条件のチェックボックスにマークを入れることができる候補者は多くなかったため、私が参加申請したとき、試験を実施している研究者は幸せでした。私は次の18か月間、あたかも裁判にかけられていたような状況を体験しました。ジャクソンビル地域の自宅から90日ごとにボルチモアに行き、1週間の治療を受けました。私は臨床試験の大ファンですが、私が行った試験は非常に費用と時間がかかり、ほとんどの健康保険の対象ではありませんでした。試験薬は無料で提供されましたが、それ以外はすべて自費でした。これは大変な経済的な負担になるので、いつか変わることを願っています!

■良いニュース、悪いニュース

私の治療と臨床試験が終了した後、私は次の数年間を費やして、私のがんの生存者の人生がどうなるかを学びました。約90日ごとに経過観察の検査、CTスキャンを行いました。しかし、2015年に、私のもともとの診断以来、医師が追跡してきた右下肺の小さな腫瘤は、約10セントの大きさに成長しました。私の腫瘍内科専門医は、これが転移性膵臓がんの非常によく見られる再発ではないかと心配していました。

外来で生検が行われましたが、肋骨が腫瘤を塞いでいたため、最初の生検は失敗しました。医師たちは、数週間待って、少し違う角度からもう一度試すことを提案し、2回目の生検は成功しました。

これは、「良いニュース、悪いニュース」の状況の1つでした。転移性膵臓がんはみつかりませんでした。さまざまな非小細胞肺がんがありました!私の癌の旅が始まって以来、私はすべての新しい医師から、タバコを吸ったことはあるか、または喫煙者であったかどうかを尋ねられました。私の答えは毎回同じでした。私はタバコ、葉巻、パイプ、または他のものを吸ったことはありません。私にとっては、膵臓がんと診断されてから4年以内に2番目のガンが私を攻撃しているので、それは問題ではないようでした。

医師と相談した後、ロボット手術を選択して、近くにあるオレンジパークメディカルセンターで右下肺葉を切除しました。この手術が成功した場合、フォローアップの化学療法や放射線治療を受ける必要はありません。これは私、家族、友人にとって人生を変えるものでした。手術は成功し、フォローアップCTスキャンにより、私は再び癌を患っていないことが明らかになりました。

■マイルストーンのマーク

治療期間中、私は自分の体力を取り戻すことができ、ハーレーのバイクに再び乗ることができました。私は3週間から6週間のクロスカントリー旅行を数回行い、家族や友人も同乗しました。高速道路でバイクを運転することで、いつも気分が良くなりました。悲しいことに、2014年に足の抹消神経障害の問題が進行したため、愛するハーレーに乗ることをやめることにしました。

私は10月24日を自分の膵臓がん撲滅記念日として決め、2014年には5年サバイバーとなりました。家族と私は、この大きな節目を祝う方法と場所を早期に計画し始めました。私たちはフロリダからアラスカへ、そしてその逆の旅行に決めました。その5年間のお祝い旅行は、私の人生のハイライトそのものです。私はその旅の思い出を父親になったときと同じように心のなかに大事に抱いています。

私は7月に69歳になることを嬉しく思います。すい臓がんのサバイバーとして11年目を終えるよう着実に取り組んでいます。

人生は短いです。幸せに、元気になって生きてください。

 

(Source:Survivor Story-Let's Win Lustgarten Foundation)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<免責事項>この医療記事は、サバイバーの経験を紹介する目的で書かれています。特定の治療法や薬の使用を推奨するものではありません。ご自身の病状については、担当医とよく話し合ってください。このウェブサイトの情報を利用して生じた結果についてPanCANJapanは一切責任を負うことができませんのでご了承ください。

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider