Public Comments

国内ニュース:膵癌診療ガイドライン2019(案)パブコメ募集のお知らせ

 国内ニュース:膵癌診療ガイドライン2019(案)パブリックコメント募集のお知らせ

2019年1月8日

2016年の改訂より3年を経たことから日本膵臓学会の膵癌診療ガイドライン改訂委員会により新たに体系化された診療ガイドラインが作成されました。

この度、2019年7月の出版に先立ち日本膵臓学会は、「膵癌診療ガイドライン2019(案)」を公開し、パブリックコメントという形で広く皆様からのご意見を伺うこととしました。

皆様のご意見を頂戴出来ますようご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

続きを読む...

我が国のがん研究について


 我が国のがん研究について

 
<わが国のがん研究>
  日本のがん患者は、欧米のがん研究に依存していることを知りません。日本では世界に先駆けて1981年にがんは死亡原因の第一位となりました。その対策と して、1984年から1993年までの10年間にわたり、旧文部省、旧厚生省、旧科学技術庁の3省庁の共同事業として「対がん10ヵ年総合戦略」が推進さ れました。1980年代 はヒトがん細胞の遺伝子異常がつぎつぎに発見され、革新的な薬剤の開発が期待されましたが、実現には至りませんでした。
  1994年度から引き続いて3省庁の共同事業として「がん克服新10カ年戦略」が継続されました。「がんの本態解明からがん克服へ」という目標達成に 向けて研究が進められました。続いて、2004年から,新たな「第3次対がん10ヵ年戦略」が開始されましたが、この第3次戦略のキャッチフレーズは 「がんの罹患率と死亡率の激減を目指して」です。世界に発信された論文には、分子標的薬の標的となった VEGF、HER2、ALKなどが含まれますが、 米国Genentec、Pfizerなどによって製品化されました。
 国税を使って30年間続けられてきたがん研究が、がん患者のために、「がん研究は命を救う」、と いう、明確なメッセージを打ち出すこともなく、また、受益者である患者不在のなかで進められてきたことも、「学者の遊び」と批判される結果に繫がった、ひとつの原因ではないでしょうか。米国のがん患者団体は、がん撲滅のためにがん研究者を積極的に応援し、私的助成金を募り、研究プロジェクトを助成しています。患者会の代表は、米国立がん研究所(NCI)の研究成果を評価するProgress Review Groups の一員として必ず参加していますし、また助成対象の研究を選択・評価する委員会にも必ず参加しています。このような状況を鑑みますと、 我が国のがん研究は、患者目線を積極的に取り入れて、がん研究は最終的なユーザーである患者と協業して進めるという姿勢を明確にし、よりPatient Oriented な研究を促進していく必要があると感じます。
 日本におけるがんの基礎研究および臨床研究は、国際的にみ ても目覚ましい進歩を遂げてきましたが、いままでは国内でTRから製品化までの体制が脆弱なため、国産の医薬品開発に結びつかなかったと言われています。日本のがん研究が、国産医薬品、医療機器、早期診断ツールの開発へとつながり、多くの日本のがん患者がその恩恵に預かりることができますよう、また、がん患者・家族・患者会ががん研究コミュニティの一員として、がん研究者と一緒になって、力をあわせ、がん撲滅にむけて、WinWInの関係を築きながら、我が国のがん研究を進められることを願っております。
 
眞島喜幸  2011.8.8
 
 
 
 
 

緊急パブコメ:仕分けから守ろう、がん研究!

膵臓がんを含む「がん研究予算」を仕分けから守ろう

 

■緊急メッセージ:

パンキャンジャパンフレンズの皆様へ

パブリックコメント提出に関するお願いがあります。いま来年度の「がん研究予算」が
仕分けの対象になっています。御存知のように、文部科学省「がん特」の予算40億が
今年はゼロとなりました。

日本のがん患者を救うためには、私たち患者・家族・遺族が声を大にして、政府に対して
要望を伝えることが不可欠です。「八ッ場ダム」の4000億がなぜ 増え続けるがん患者を
救うために使われなかったのか。NHK番組を見て そう思った方は大勢いたと思います。

 

すべてのがんに関することですので、がん体験者、親戚、会社の同僚、友人にも
このメッセージを伝達し、我が国の未承認薬問題・ドラッグラグを解決し、がん研究を進め、
がんを治る病気にするために、ぜひがん研究予算獲得にむけ、強い応援メッセージを
お願いします。

応募締切:20101019日(火)17:00まで(必着)
下記FAX用紙をダウンロードの上、支援メッセージを記入し、、
内閣官房副長官補室宛 郵送 または FAX
:03-3592-2301 へ

送信してください。


宜しくお願いいたします。

 

眞島喜幸
特定非営利活動法人パンキャンジャパン 理事・事務局長 

 

 

「がんの施策と予算を考えよう」タウンミーティング

 

 

がん対策に関するタウンミーティング

~みんなでがんの施策と予算を考えよう~  

 

 21日国立がんセンターにおいて、「がんの施策と予算を考える」と題したタウンミーティングが開催された。2010年度のがん施策・予算に関する提言をまとめるために発足したがん施策・予算提言ワーキンググループが、広く患者・家族、市民、医療関係者の意見を聞くことを目的として開催したもの。  

 

 パンキャンジャパンは、がん患者が望む国際的な標準治療を実現するためには「ドラッグラグ・ワクチンラグ・デバイスラグ」の解消が重要であること、膵がんのような難治がんを治癒するためには、我が国のがん研究資金の増額、研究者支援、さらに戦略的にがん研究をマネジメントするための米国国立がん研究所(NCI)的な機構の設置が不可欠であることを提言した。  

 

 

■開催日時日時:21日(日)13:30-16:3013時開場)

場所:国際研究交流会館 3階 国際会議場(国立がんセンター築地キャンパス内) 中央区築地5-1-1 

 

■問い合わせ先:乗竹 亮治

日本医療政策機構内 がん施策・予算提言ワーキンググループ事務局 TEL:03-5614-7796 FAX:03-5614-7795 

RaiseTheCure! 膵がん研究促進国家計画

ImagePanCANは、膵がん撲滅の研究資金を確保するために米国政府から公的資金援助を、また民間からは寄付金を募る大規模なイニシアチブを開始すると発表した。膵がん研究促進のための国家計画(※1)を実行するために、PanCANは米国政府の特定がん対策予算では先例のない1億7000万ドル(184億円)という額を要求し、さらに民間資金を中心に2500万ドル(27億円)、総額211億円3年間で調達するという目標をたてた。この公的資金と民間資金の融合により、PanCANが提案する「有効な治療法を最短で開発する」ための行動計画を支援できるとしている。

私の名前はランディパウシュ

Image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「私の名前はランディパウシュ。47歳。3人のこどもの父親で、カーネギーメロン大学の教授です。1年と4か月前、膵臓がんだと知りました。私は、数か月以内に死にます。膵臓がんは、人を混乱させる、恐ろしい、そして残虐な病気です。それをやっつけるには、頭の切れる人に(十分な研究)資金を与えることです。毎日がとても重要です。」

 

2008313日、ランディパウシュ博士は米国労働健康福祉省の小委員会においてパンキャンを代表して証言した。

 
 

これは、彼の膵臓がんの診断と生きるための闘いに係るパーソナルなストーリーである。

 

ビデオをみるにはこちらをクリックしてください(英語)

 

 (訳文に続く) 

がん対策基本法

がん対策基本法は、日本人の死因で最も多いがんの対策のための国、地方公共団体等の責務を明確にし、基本的施策、対策の推進に関する計画と厚生労働省にがん対策推進協議会を置くことを定めた法律です。

当初、会期中での成立は難航するとみられていましたが、2006年5月22日の参議院本会議で健康保険法と医療法等の改正案への質問に立った民主党の山本孝史議員 が質問の冒頭で自らがんを告白し、同時に提出した本法案の早期制定を訴えました。これが世論の共感を得て与野党間でも歩み寄りを見せ、早期成立につながりました。

 

厚生労働省は「がん対策推進アクションプラン」を策定し、5年生存率を現状より 20%改善するなどの目標を掲げています。その達成に向けて、国や地方公共団体は「がん対策推進計画」を策定し、目標達成時期も明示される予定です。

 

 

 

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story