News

海外ニュース:Semaphorin 4Dによる抗体遮断は、腫瘍への免疫反応を促進し、他の免疫調整療法への反応を向上する

somaphori3d

Semaphorin 4Dによる抗体遮断は、腫瘍への免疫反応を促進し、他の免疫調整療法への反応を向上する

Elizabeth E. Evans, Alan S. Jonason Jr, Holm Bussler, Sebold Torno, Janaki Veeraraghavan, et al
DOI: 10.1158/2326-6066.CIR-14-0171 Published June 2015

セマフォリンは、もともと、免疫、内皮および腫瘍細胞に細胞骨格変化を誘導し、TMEにおけるそれらの移動(8-10)を誘導する軸索誘導因子(7)として定義される可溶性および膜貫通タンパク質のファミリーからなる。例えば、Sema3aおよびNeuropilin-1の関連は、低酸素領域における腫瘍関連マクロファージ(TAM)の動きを制御することが報告されている(11)。ここでは、セマフォリン4D(SEMA4D、CD100)による白血球浸潤および腫瘍増殖の調節のための新規な役割を記載する。

続きを読む...

ASCO:膵臓がんの治療選択肢を広げる発表

ASCO2018: 膵臓癌に関する研究発表

2018年度米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会では、世界中から集まった32,000人以上の腫瘍専門家によって、がん治療と患者ケアに関する最新の研究が発表されました。今年のテーマは、「ディスカバリーの提供:プレシジョンメディシンの範囲拡大」です。プレシジョンメディシンは、がん治療に多くの進歩をもたらしましたが、この成長分野ではまだ多くのことを学ぶ必要があります。さらに、ASCOのBruce E. Johnson会長(FASCO、MD)は、プレシジョンメディシンが約束する恩恵は、「これらの治療法がすべての患者に提供できてこそ価値がある」と述べています。今年のASCO総会におけるがん研究の大部分はプレシジョンメディシンに焦点を当てていますが、同時にすべての患者による、これらの治療へのアクセスを増やすための継続的な努力も行われています。

続きを読む...

海外ニュース:すい臓がんの外科切除を可能にするための放射線療法と化学療法の臨床試験

plant

海外ニュース:すい臓がんの外科切除を可能にするための放射線療法と化学療法の臨床試験

 

2018年3月15日

 

標的放射線化学療法は、膵臓癌を縮小することで、患者を手術療法の候補者にすることはできるか?

臨床試験では、放射線照射の強化と化学療法の併用により、外科的に切除可能な膵腫瘍(Conversion Surgery)の数を増加することができるかどうかが検討されています。手術の対象とならないグループの参加者は、引き続きモニターされます。

続きを読む...

海外ニュース:リキッドバイオプシー(体液生検)と機械学習を用いた新血液検査法で膵がんなど8種類のがんを患部を含めて検出識別

liquid biopsy

海外ニュース:リキッドバイオプシー(血液生検)と機械学習を用いた新血液検査法で膵がんなど8種類のがんを患部を含めて検出識別

2018年3月8日
http://biomarket.jp/bioquicknews/article716.html


ジョンズホピキンスがんセンターのチームが、CancerSEEK(キャンサーシーク)と呼ばれる、1回の血液検査で8種の一般的ながん種を検出し、がんの部位も判定できる検査法を開発した。このCancerSEEKと呼ばれる検査法はユニークな非観血性の多検体検査法であり、8種のがんタンパク質のレベルを同時に測定し、血中循環DNAのがん遺伝子変異を検出することができる。この検査法は、アメリカでがん死の60%以上を占めるもっとも一般的ながん8種を検出することを目的としている。この8種のうち、5種はこれまでスクリーニング検査法がなかったものである。(詳細は以下をご参照ください)

 

続きを読む...

海外ニュース:パンキャン代表ジュリーフレッシュマンが米国膵臓学会で膵臓がん研究への貢献賞を受賞

APA Award Julie Fleshman

海外ニュース『パンキャン代表ジュリーフレッシュマンが米国膵臓学会で膵臓がん研究への貢献賞を受賞』


パンキャン米国本部の代表ジュリーフレッシュマンが、昨年11月米国膵臓学会において、膵臓がん撲滅活動で膵臓がんコミュニティへの貢献を表彰されました。米国膵臓学会(APA:American Pancreatic Association)は、外分泌膵臓の病気に関心を持つ医師および研究者の会員組織で、膵臓の病気を治すために必要な臨床的基礎科学研究を促進することを使命としている団体です。詳細は以下をご参照ください。

続きを読む...

ASCO:未治療転移性膵管腺がん患者を対象とした免疫療法ニボルマブ+抗がん剤併用療法の第二相パイロット試験 

ASCO:未治療転移性膵管腺がん患者を対象とした免疫療法ニボルマブ+抗がん剤併用療法の第二相パイロット試験 
~ 免疫化学療法(ニボルマブ+パリカルシトール+ゲムシタビン+ナブパクリタキセル+シスプラチン) ~

ASCO-GI Abstract 358

2018年1月19日

 

米国ASCO-GIにおいて、進行膵がん患者を対象とした免疫治療薬ニボルマブと抗がん剤の多剤併用療法のパイロット研究結果が報告された。従来のゲムシタビン+ナブパクリタキセル療法にシスプラチンが追加された3剤抗併用治療に、腫瘍周辺の微小環境の免疫強化を図るパリカルシトールとチェックポイント阻害剤であるニボルマブを投与する新しい混合型の治療法である。発表されたのは8名と小人数の結果ではあるが、高い奏効率が達成されたことで今後の展開が期待できる内容だった。

続きを読む...

海外ニュース:研究がすすむ家族性膵臓がん:新たな治療法の開発につながる発見

Gloria Petersen

海外ニュース:『研究が進む家族性膵臓がん:新たな治療法の開発につながる発見』

2017年10月12日


癌遺伝子検査の生命倫理的および行動的影響を研究しているグロリア・ピーターソン博士は、以下の膵臓がんの遺伝子研究からの結果を語っている。 


個別化リスク:
遺伝性膵臓がんは、いくつかの異なる遺伝子において「生殖系列」突然変異として知られる突然変異によって引き起こされ得る。これらの突然変異は、卵子または精子細胞で起こり、再生中に子孫の体内のすべての細胞に伝達される。今日、特定の遺伝性遺伝子に起因する膵臓がんの発病リスクのある人は、近い将来、そのリスクについて詳細な説明を受けることができるようになる。遺伝性のがん発症リスクを子孫に与えることができる遺伝子には、BRCA1、BRCA2、PALB2、およびCDKN2Aが知られている。。いくつかの遺伝性大腸がん遺伝子である、特にMLH1、MSH2、およびMSH6もまた、膵臓がんの発病リスクを高めることが研究によって示されている。

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story