Research

家族性膵がん研究への登録について

 

家族性膵がんの研究に誰が参加することはできますか?

 

 

あなたやご家族が膵臓がんと診断された場合は、参加できます。

 

nfptr-pedigreeJohns Hopkins大の家族性膵がん登録制度の案内ページより●家族性膵がん研究について

米国では4000以上の家族がジョンズホプキンス大学の家族性膵がんレジストリーに登録されています。これらの家族のなかで、1376の家族では、複数の第1度近親者(親、兄弟姉妹、子供)が膵臓がんと診断されていて、家族性膵がんに分類されています。2946の家族では、ひとりのメンバーが、膵臓がんと診断されています。

膵がんと告知されたご家族にこの研究に参加いただくことは、膵臓がん研究に不可欠であり、私たちは皆様のご支援に感謝しています。

もし、ご家族のどなたかが膵臓がんと告知された場合、家族性膵がんレジストリへご参加ください。家族性膵がんの疑いのある方は、膵がんドック健診を受けることをお勧めします。膵がんドックを受診できる施設のリストは9月より公開する予定です。

家族性膵がんの研究をすすめる医療施設につきましては、10月より公開する予定です。


家族性膵がんの疑いがあり、経過観察について不安な方、家族性膵がんについて質問のある方、レジストリーに関する質問のある方など、家族性膵がんについてより詳しく知りたい方は、こちらから登録してください。

 

家族性膵がん登録制度の最新情報にご関心のある方も同様にこちらのニューズレターで情報発信をする予定です。

 

関係のある記事

家族性膵がん研究について


 

 

nfptr-pedigreeJohns Hopkins大の家族性膵がん登録制度の案内ページより「家族性膵癌」は、親子または兄弟姉妹に2人以上の膵癌患者さんのいる家系の方に発症する膵癌です。
膵癌の5~10%が家族性膵癌で、家族性膵癌家系の方は一般の方よりも膵癌になるリスクが高いとされています。
しかし家族性膵がんの場合、遺伝子等を調査することで特定の早期診断と治療法が開発

できる可能性があり、そのために多くの家族性膵がんと思われる方の協力が必要になっています。

2008年以降、パンキャンジャパンは日本膵臓学会と協力して国内での家族性膵がんと、この研究を進展させるための家族性登録制度の設立に努力しています

現在厳格なプライバシー管理のもと、パンキャンジャパンは家族性膵がんの懸念のある方・関心のある方に登録していただき、国内研究機関が登録制度の準備をした際に、登録者の架け橋となるための準備をしています。

 
2013年には国内で初めて一般向けに家族性膵がんのセミナーを行いました。

 

今後の情報についてはこちらのニューズレターから配信する予定です。

 

 

 

関係のある記事

研究

 

家族性膵癌登録制度

家族性すい臓がん登録制度がスタート

膵臓がん研究の最前線: 遺伝子と家族性膵がんについて

「家族性膵癌登録制度について」外部リンク:日本膵臓学会(2013年7月20日)

パンキャン賞

2012年度パンキャン賞授与

2013年度パンキャン賞授与

purplespacer  

すい臓がんに対するよりよい診療、究極的な治療のためには、科学・医療の研究からすべてが始まります。パンキャンはがん研究促進を戦略的に進めています。パンキャンは包括的なすい臓がん研究へのアプローチをとり、研究を促進させています。

2008年からの家族性膵癌登録の紹介、2012年からのパンキャン賞の授与など、複数の方法でパンキャンはすい臓がん研究を前進させようとしています。

これらに加え、ドラッグラグ解消といった政策提言の努力もすることで、新薬が国内で使用できる働きかけも行っています。

 

 

PanCAN Awards

希望は膵臓がん研究からも生まれます。
パンキャンは毎年皆様からいただいた寄付をもとにして、精力的に研究をしている国内の医療従事者支援し、「パンキャン賞」として表彰しています。みなさまのご寄付とご声援は、日夜研究を続ける研究者、医療従事者たちの原動力となっています。

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story