Newsflashes

国内ニュース:膵臓がんのオリゴ転移型と広範囲転移型

2015年10月9日 第74回日本癌学会学術総会:「オリゴ転移型」と「広範囲転移型」の治療戦略  

 

第74回日本癌学会学術総会:数理モデルによる膵臓癌テーラーメード治療戦略のセッションで、山本君代氏による数理モデルを使った治療戦略の組み立てについての発表がありました。座長の谷内田真一氏は、膵がんの4つのドライバー遺伝子のなかでSMAD4に異常がみられる場合、予後が悪くなることから、SMAD4に異常のない症例が「オリゴメタスタチック(オリゴ転移型)」である可能性があると説明しました。  

続きを読む...

国内ニュース:診断時には転移能のあるがん細胞が存在

2015年10月9日 第74回日本癌学会学術総会: 数理モデルによる膵臓癌テーラーメード治療戦略

 

膵臓がんは全身病であると言われてひさしくなりますが、実データをもとにして構築された数理モデルを使うことで患者の生存期間を最大化する治療戦略がみえてきます。九州大学 数理生物学教室の山本君代氏は、患者を層別化したテーラーメイド治療戦略の可能性を示唆しました。

 

この数理モデルを使った研究は次なる2つのポイントを示しています。

・診断時にはほぼ100%の症例で、転移を産む能力のある癌細胞が存在することを示唆していること (Figure1E)

・具体的な抗がん剤の種類を考慮はしていないものの、術後抗がん剤を開始する時期が生存期間に及ぼす影響を式から予測したこと

続きを読む...

国内ニュース:第74回日本癌学会学術総会 膵がん研究の最新の進歩

74回日本癌学会学術総会「膵がん研究の最新の進歩:基礎研究から臨床開発・応用へ」

 

108日から10日まで名古屋国際会議場にて開催された第74回日本癌学会学術総会(会長 直江知樹、名古屋医療センター院長)において、表題の膵がんシンポジウムが開催されました。座長は山雄健次氏(愛知県がんセンター中央病院消化器内科部)と谷内田真一氏(国立がん研究センター研究所・がんゲノミクス研究分野)でした。

続きを読む...

海外ニュース:RADIANT-4第三相試 験結果

海外ニュース:非機能性肺・消化管神経内分泌腫瘍患者にエベロリムス有効とRADIANT-4 第三相試験結果(ESMO2015)

肺または消化管の進行非機能性神経内分泌腫瘍患者(NET)を対象としたエベ ロリムスの多施設、プラセボ対照、二重盲検化、RADIANT-4第三相 験結果、エベロリムスは臨床的に有意義なPFSの7.1ヶ月の延長と、統計的に有意な52%のリスク低下を示した。

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story