Donate Online

寄付のお願い:すい臓がんの生存率倍増とゲノム医療の早期実現

Lynn at ASCO2018

すい臓がん撲滅基金:膵がん治療の変革

すい臓がんのゲノム医療を日本で実現するためにご支援ください。
あなたの助けを借りることで、私たちはすい臓がんの治療の改革を推進し、より多くの命を救うことができます。アメリカではすでにゲノム医療がスタートし、大勢の膵臓がん患者が恩恵を受けていますが、日本ではこれからゲノム検査、そして、ゲノム医療がスタートしようとしています。

■寄付をお願いします

膵臓がん5年生存率は9%で、10年生存率はさらに悪く、100人に1人以上が10年以上にわたって膵臓がんと闘うことができません。効果的な治療に関する研究と研究への助成金が非常に欠けています。

日本では2018年には推定4万人が膵臓がんに罹患し、3万人以上が死亡します。4番目に死亡者が多いがんです。理由は、このがんは往々にして早い段階では症状がないため、早期診断や治療が非常に困難だからです。早期に発見されないため、手術療法という選択肢がない患者が50%以上になります。また転移がみられる場合、満足に抗がん剤が受けられない患者もいます。そのような状況を打破するために、私たちは、早期発見の血液検査の研究開発を支援しています。また、転移にある患者にはゲノム検査に基づいたゲノム医療が不可欠ですが、難治性がん筆頭の膵臓がん患者には、診断時にゲノム検査が受けるよう米国のNCCN膵腺がん診療ガイドラインは推奨しています。しかし、日本ではそのような形で受けられない可能性が指摘されています。また、ゲノム検査をもとにしたコンパニオン診断により治療選択肢となる医薬品(適応外薬)の使用も日本では限定される可能性が指摘されています。このように膵臓がん患者が必要なゲノム医療を受けるためには、様々な課題がまだ残っています。

続きを読む...

スポンサー

膵臓がん撲滅を目指すNPO法人パンキャンジャパンの活動は、そのビジョン、ミッションにご賛同頂いた皆様のご支援・ご寄付と事業収益により運営されています。以下はご寄付・共催・協賛頂いている法人・個人のリストです。パンキャンジャパン一同、厚く御礼申し上げます。

 【対象期間:2009年4月~2017年4月】

 

法人   個人

 日本イーライリリー株式会社
大鵬薬品工業株式会社
中外製薬株式会社
ヤンセンファーマ株式会社
株式会社ヤクルト本社
アボットジャパン株式会社
NKSJひまわり生命保険株式会社
公益財団法人先端医療振興財団
アステラス製薬株式会社
公益財団法人正力厚生会
MSD株式会社
グラクソ・スミスクライン株式会社
サノフィ・アベンティス株式会社
ナック商会株式会社
小野薬品工業株式会社
株式会社大塚製薬工場
ファイザー株式会社
日本ノバルティスファーマ株式会社
アメリカンファミリー生命保険会社
富士フィルムRIファーマ株式会社
バイエル薬品株式会社
バクスアルタ株式会社

 

中嶋元子・中嶋憲太郎
(パンキャン賞2013ご支援)

井上 三郎
金井 克征・金井 雪子
末谷千秋
池田 公史
川崎 哲
須賀 彦之
佐後 愛友美
神原 末五郎
甲斐島 勝一
中津山 正昭
高瀬 修司
野口 千秋



ほか

 

※順不同敬称略。
※個人寄付は公表にご同意があった場合のみ掲載。

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story