For Care Givers

『[ワンポイント] パンキャン:治療中の患者さんのための夏の安全対策』

summer vacation

『[ワンポイント] パンキャン:治療中の患者さんのための夏の安全対策』

暑い日が続いています。一般の方にも注意が必要なこの季節は、治療を進める患者さんにとっても細やかな配慮が必要です。パンキャンでは、この季節の過ごし方についてアドバイスをしています。暑い季節をできるだけ快適に過ごせるように、ご参考にしていただければ幸いです。

■治療中の患者さんのための夏の安全対策

 夏の多くの輝きは、治療中の膵臓がん患者さんにとって素晴らしいものです。しかし暑い気象条件には、いくつかの課題があります。
「夏の暑さと太陽の強さは、“治療の副作用に関連する症状”に影響を与える可能性があります。分子標的薬での治療、手術、化学療法、放射線など、がん治療の期間中に、患者さんは快適な状態を保つために、シンプルで、しかし賢い方法が必要です」 とパンキャン米国本部のCheif Medical Officerの ヴィクトリア・マナックス・ラストンは述べています。
 夏の時間と好きな活動を楽しむことがてきるよう、医療従事者は、有害なリスクや副作用の悪化を避けるために、以下のガイドラインを推奨しています。

続きを読む...

「家族が膵がんと告知されて」

voicemajima

 

パンキャンジャパンの事務局長が、家族がすい臓がんと告知された当時の気持ち、治療法を探り家族として病気と闘った日々、法人の設立に至った経緯などを語っています。

 

動画がこちらのサイトからご覧になれます。 ⇒ JPOP-VOICE:がんと向き合う

介護者のうつに対処する/Dealing with Depression

 
介護者のうつに対処する
 
介護者のうつは「隠れた健康上の危機」と呼ばれ、がん患者を介護している人の60%がうつ状態になると言われています。もしあなたが介護者でうつ状態にあるなら、あなたのような人は世間に山ほどいると思ってください!
 
 

介護者燃え尽き症候群/CaregiverBurnout

介護者の燃え尽き症候群 

 

介護者であるということは、やりがいはあるけれども大変な仕事だとも言えるでしょう。「介護者」には患者のニーズに応えるといったさまざまな責任がかかってきます。しかしここで大切なのは、まずはじめに介護者自身のニーズを満たしてから次に進まなければいけないということです。介護者が自分のニーズを無視してしまうと、最愛の人の介護ができなくなってしまうことがあります。これを、「介護者の燃え尽き症候群 Caregiver Burnout」と呼びます。

介護者支援/Caregiver support

 
介護者になったら 
 
膵臓がんと診断された家族、愛する人をどのように介護したらよいのか。介護の方法を学ぶことは簡単なことではありません。がん患者を介護するということは心労の多い、骨の折れる仕事です。より負担のない方法で介護するにはどうしたらよいのかをステップを踏んで学びましょう。
 
 

介護者を助けるには

家族(介護者)を助けるには

膵臓がん患者の家族の役割は多岐にわたり、時にはなかなか大変なこともあります。愛する人を身体的にも精神的にも支えて日常生活の雑事をこなしていると、一日の終わりにふと気づくと自分自身のことをする時間がほとんど無くなっていたりします。介護者の仕事を肩代わりすることで、ストレスをいくぶんかでも減らしてあげることができます。

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story