膵臓がん

  • 海外ニュース:膵癌の幹細胞伝達経路阻害剤(Napabukasin)の臨床試験が進む

    stem cell

    がん幹細胞の自己再生能力を阻害する新薬を追加すると、転移性膵がん患者の生存率は向上するか?

    膵臓がんの標準化学療法であるGA療法(ゲムシタビン+ナブパクリタキセルGemzar+Abraxane)にがん幹細胞を阻害する新薬(ナパブカシンNapabukasin)を組み合わせた臨床試験が進んでいる。

  • 海外ニュース:膵臓癌に対する免疫標的療法イブルチニブの臨床試験

    Burton Tyrosine Kinase BTK

    海外ニュース:膵臓癌に対する免疫標的療法イブルチニブの臨床試験

    2017年1月12日

    ある種の免疫細胞とがん細胞間のシグナル伝達を阻害する医薬品は、膵臓癌の治療成績を改善するか?

     標的免疫療法薬のイブルチニブ(ibrutinib;商品名イムブルビカ)は、米国では特定の白血病およびリンパ腫の治療に承認されており、日本では2016年3月に「再発または難治性の慢性リンパ性白血病(小リンパ球性リンパ腫を含む)」について承認され、「再発または難治性のマントル細胞リンパ腫」に対しても追加承認申請されている。イブルチニブは、経口投与可能な選択的不可逆的酵素阻害薬であり、ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬である。ここに紹介するのは、ステージ4の膵癌患者が使う標準治療ゲムシタビン+ナブパクリタキセルに標的免疫療法イブルチニブを併用するフェーズII臨床試験である。

     

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story