Dr Choi

写真:ミンシグ・チョイMD

海外ニュース:進行膵臓がんに対するCPI-613とmFOLFIRINOX併用療法の第3相試験 

著者 ジェニファー・バーン

2020年2月11日

ストーニーブルック大学ルネッサンス医科大学の研究者は、転移性膵臓癌の患者の生存を延長できる酵素標的薬を開発しました。同大学がんセンター消化器腫瘍学チームの腫瘍内科医であるミンシグ・チェ博士は、「新薬のCPI-613(devimistat、Rafael Pharmaceuticals)は、次の第III相臨床試験でmFOLFIRINOXと組み合わせて評価されます。」と述べました。18人の患者を対象とした第1相試験では、CPI-613と化学療法の併用により、全生存期間(OS)中央値が20か月対歴史的対照群11か月で、化学療法単独の場合と客観的奏効率は61%対32%と良好な結果を示しました。

チェ博士は、この薬剤の組み合わせのメカニズムとそれに関連する潜在的な有害事象、および膵臓がん治療の将来について、次のように説明しています。「第1相試験では、患者の61%が客観的な反応を示し、78%が臨床的利益を達成しました。これらは、10%の奏効率を示すゲムシタビンや現在使用されている最良の化学療法レジメンである約31%の奏効率を有するFOLFIRINOXなどの歴史的な標準化学療法と比較しても注目に値する結果でした。この顕著な臨床的利益が、未治療の転移性膵腺癌患者を対象とした第III相臨床試験AVENGER500につながりました。AVENGER500試験では、mFOLFIRINOX単独とmFOLFIRINOXとCPI-613併用療法を比較します。


新薬のCPI-613は、癌細胞で選択的に腫瘍細胞の増殖と生存に不可欠なプロセスであるミトコンドリアトリカルボン酸(TCA)回路を標的とするように設計されています。がんは、その日々の増殖を続けるためにかなりのエネルギーを必要とします。この薬は、代謝のいくつかの中心的なプロセスにおけるリポ酸類似体および酵素補因子であり、病気を「だまして」、十分なエネルギーがあると信じ込ませます。このエネルギーフィードバックメカニズムを中断すると、癌細胞は飢えて死に至ります。 CPI-613によるTCA回路の破壊は、癌細胞のFOLFIRINOXを含む多様な化学療法剤に対する感受性を大幅に増加させます。この相乗効果により、CPI-613と低用量の一般的に毒性のある薬剤との組み合わせが非常に効果的になり、また有害事象も少なくなります。 CPI-613と抗がん剤の併用は、転移性膵臓がん患者の転帰を大幅に改善する潜在的な機会を表しています。

CPI 613 PANC 1 result

図:CPI-613とFOLFIRINOX併用療法の相乗効果


CPI-613の毒性については、化学療法と組み合わせて投与されるため、化学療法の毒性と区別することは困難です。臨床試験において、研究者らは、下痢、腹痛、高血糖、指や足の指のしびれ、低カリウム、低白血球、貧血、血小板減少症などの副作用を体験しました。血液毒性は化学療法による可能性が高いのに対し、高血糖症はCPI-613による可能性があります。


進行した膵臓がんに対する効果的な治癒につながる化学療法は現在ありません。化学療法の目標は、患者の生存期間を延ばし、生活の質を向上させることです。この試験のように、新薬が癌の縮小効果を改善すると、全生存期間(OS)とより良い生活の質(QOL)が期待されます。第III相臨床試験でも同じような転帰が確認されることを期待しています。
いままで、より良い手術、化学療法、放射線療法の使用に基づいて、膵臓がんの治療には多くの進歩がありました。膵臓がんを治癒するチャンスを得るには、より良い臨床試験、学際的ケア、および前臨床データのクリニックへのトランスレーショナルリサーチの改善が必要です。 」とチョイ博士は述べました。

Source: Researchers hope to confirm ‘remarkable results’ of novel drug combination for advanced pancreatic cancer, Helio, February 11, 2020

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider