devimistat

ASCOニュース:転移性膵臓がんの新薬デビミスタットは、FDAファストトラック指定を受ける

2020年11月17日

最近、米国食品医薬品局(FDA)は、転移性膵臓癌の治療のために新規薬剤デビミスタットdevimistat(CPI-613)にファストトラックの指定を付与しました。

デビミスタット(Devimistat)は、がん細胞の増殖と生存に不可欠なプロセスであるミトコンドリアのトリカルボン酸回路を標的とするように設計されています。デビミスタットは、さまざまな化学療法剤に対するがん細胞の感受性を大幅に高めます。この相乗効果により、デビミスタットを組み合わせることで一般的に毒性のある薬剤を低用量で組み合わせることが可能となります。その潜在的な組み合わせが、患者の副作用を抑えながら、より効果的な治療をすることが可能になります。

FDAは、膵臓がん(AVENGER 500)および急性骨髄性白血病(ARMADA 2000)で極めて重要な第III相臨床試験を開始することを承認し、膵臓がん、急性骨髄性白血病、骨髄異形成症候群、末梢T細胞リンパ腫、バーキットリンパ腫、および軟部組織肉腫の治療薬としてデビミスタットを指定しました。

この投稿の内容は、米国臨床腫瘍学会(ASCO®)によるレビューを受けておらず、ASCO®のアイデアや意見を必ずしも反映しているわけではありません。

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider