Lets win oncotreat olive
Ken Olive

【期待されるサイエンス】 開発中のオンコトリート(OncoTreat)の臨床試験

著者 ケン・オリーブ博士

2020年2月13日

医学研究は、基礎、臨床、トランスレーショナルの3つのバケットのいずれかに分類されます。基礎研究はすべて基本的なことであり、膵臓がんのような致命的な病気を引き起こす原因を根本的なレベルで解明します。臨床研究はすべて患者に関するものであり、厳密に管理された試験を通じて、特定の新薬や他のアプローチが現在の標準治療よりも実際に優れているかどうかを調べます。次に、トランスレーショナルリサーチがあります。それは基礎科学と臨床研究の間のギャップを埋めます。

「膵臓がんには非常に大きなニーズがあるため、より良い治療法が必要です」と、膵臓がん研究者のケネス・オリーブ医学部准教授、腫瘍学精密治療、および、コロンビア大学のハーバートアーヴィング総合がんセンター(ニューヨーク)コア共有リソースのイメージングのディレクターでもあるケネス・オリーブ博士は述べています。「私はトランスレーショナルリサーチャーです。トランスレーショナルリサーチで行うことは、基礎科学を通じて学んだことを取り入れて、さまざまな化学物質、基本的にはさまざまな薬を使用して人々を治療する方法についてアイデアを出すことです。

しかし、これらの薬を患者でテストする前に、コロンビアのオリーブ研究所での極めて重要な研究アプローチである、いわゆる「マウス病院」と呼ばれる研究所の前臨床環境でテストする必要があります。ここでは、遺伝子操作されて膵臓がんを発症するように作られたマウスが、人間の患者と同じように薬剤を使って治療されます。つまり、マウスは高度なイメージングからランダム化比較前試験の一部になるまで、あらゆることを経験します。 「私たちがやりたいのは、薬が効くかどうかのメカニズムを非常に深いレベルで見て理解し、適切な薬を患者集団に取り込むことです」とオリーブ博士は言います。 「私たちがやりたいのは、より良い治療法を見つけることであり、うまくいけば膵臓がんの治療法を見つけることができます。」

■DNAは青写真で RNAは作業指示です

これは高い目標であり、多くの分野だけでなく、非常に創造的な思想家の協力も必要です。これが、オリーブ博士がコロンビア大学病院のアンドレアカリファノ博士と一緒に働くことに興奮している理由の1つです。 カリファノ博士は、学際的なチームとともに、オンコトリート(OncoTreat)と呼ばれる新しい計算フレームワークを開発しました。その焦点は、個別化された癌治療です。簡単に言うと、このプログラムは、個々の腫瘍を、それらの腫瘍を破壊する可能性のある薬剤または薬剤の組み合わせと照合します。 「カリファノ博士のアプローチは、私がいままで見てきたものとはかなり異なります」とオリーブ博士は言います。 「そして、はい、私はかなり興奮していると言っても過言ではありません。」

研究者らは、転移性膵臓がんの治療のためのオンコトリート(OncoTreat)フレームワークの臨床試験、および関連する前臨床試験を支援するために、ラストガーテン財団から220万ドル(約2億3400万円)の助成金を受け取りました。オリーブ博士と彼の同僚であるレイチェル・サフィアン博士によって現在開発中の臨床試験は、HIPPOCRATESと呼ばれています。HIPPOCRATESは、「細胞調節ネットワーク分析に基づく治療選択による高スループット膵臓精密腫瘍学」の略です(High-throughput Pancreas Precision Oncology by Cell Regulatory-network Analysis based Therapy Selection)。

個々の腫瘍を、それらの腫瘍を破壊する可能性が最も高い薬剤または薬剤の組み合わせと一致させることが、精密医療または個別化医療の要点です。しかし、従来の精密医療アプローチの特徴であるDNAに見られる突然変異を標的にする代わりに、研究者たちはRNAを分析することになります。

いくつかの基本的な生物学に戻ると、RNAは単にDNAのコピーまたは転写です。 DNAは細胞の核を離れることはありませんが、RNAはその細胞全体で働きます。この試験では、各患者の腫瘍のサンプルが代理モデルとしてマウスに移植され、すぐに利用できる最も予測された治療法をテストします。 安全性と実現可能性を評価し、RNAベースの精密医療アプローチの有効性の早期兆候を特定することを目的として、最も検証された薬剤を使用して、セカンドライン設定で各患者に最適な治療法を決定します。 「私たちが行っているのは、がん細胞の実際の状態と、その細胞の状況をどのようにターゲットにできるかを調べることです。」オリーブ博士は言います。

「この研究のベースは、カリファノ博士がRNA発現の詳細を数学的にエンコードして解釈する方法を見つけたということです。」腫瘍細胞の活動すべてを見るには、DNAが細胞の青写真であり、RNAが作業指示であるということを理解することが大切です。 「腫瘍内で現在起こっていること、そしてそれらの悪性細胞すべてを生き生きと繁栄させている遺伝子プログラムを最も正確に反映するのがRNAです」と彼は付け加えます。

ゲノム医療(精密医療)を膵臓がん患者にとってより利用しやすく、有益なものにするための主なハードルは、この病気に遺伝的要因がほとんどないことです。残念ながら、最も多くの膵臓がん患者にみられるKRAS遺伝子変異の1つは、ターゲットを絞ることが困難です。 「DNA変異を追跡することは理にかなっています。それについては疑問の余地はありません。しかし、膵臓がんは、イマチニブ(グリベック)のような薬が病気の優勢な遺伝的ドライバーを標的にしていて、患者の予後、人生を完全に変えた慢性骨髄性白血病とは異なります。 」とオリーブ博士は説明します。 「膵臓がんでは、分子標的薬の標的となる可能性があるアクショナブルな遺伝子変異のある患者は全体の約15パーセントである可能性があります。私たちは他の85パーセントの患者を助けることができる必要があります。」

■研究は非常に希望に満ちている

オリーブ博士は、この研究がまだ初期段階にあることを指摘し、そのベネフィットについては約束をすることに慎重です。 「非常に希望を持っているのは私の性質であり、それは私が研究室や文献で見ているものに由来しています」と彼は述べています。 「私は2005年以来、膵臓がんの研究に没頭しています。当時、私たち研究者の数はそれほど多くありませんでした。すべての研究者はお互いを知っていて、本当の合議制の感覚がありました。

「現在、膵臓がんの研究が始まっています。この病気を研究している科学者は他にもたくさんいますが、それでもその信じられないほどの合議制の感覚と、答えを見つけるという真の焦点を絞った目標があります。私たちが問題を検討している方法は、人生を変える可能性のある1つの可能な方法です。それは起こりそうです。それについては疑いの余地はありません。」

 

(Source:Promising Science-Let's Win Lustgarten Foundation)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<免責事項>この記事は、「期待されるサイエンス」を紹介する目的で書かれています。特定の治療法や薬の使用を推奨するものではありません。ご自身の病状については、担当医とよく話し合ってください。このウェブサイトの情報を利用して生じた結果についてPanCANJapanは一切責任を負うことができませんのでご了承ください。

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider