KRAS

ASCOニュース:膵臓がんのKRAS活性抑制による免疫療法改善の可能性

2021年3月15日

臨床医が膵臓がんの症例の90%以上に存在するKRAS遺伝子変異の活動を止め、免疫療法への反応を大幅に低下させることができれば、この病気の治療を改善する可能性が高まります。 イシェンコ博士等がNature Communication誌で発表した共同研究は、KRASが免疫回避を促進する方法をよりよく理解するための最初の一歩を踏み出しました。そして、KRAS活性の抑制が癌と戦うためのより好ましい免疫環境をもたらすことを示しました。

KRAS癌遺伝子を治療的にブロックするための以前の戦略は、KRASによるがん細胞の成長促進の役割を打ち消すことに焦点を合わせてきました。「その代わりに、私たちの研究は、発癌性KRASが癌の維持に大きく貢献する免疫抑制の役割を果たすことを示しました。KRASを阻害すると同時に癌によって抑制されている免疫経路を活性化することができれば、膵臓がんの治療が改善されることを示しました」とストーニーブルック大学ルネッサンススクールオブメディシンの微生物学および免疫学科の助教授であるオレクシ・ペトレンコ博士は述べています。

■遺伝子モデル

研究者らは、膵腺がんの遺伝子検査モデルを使用して、進行した腫瘍段階で、がん増殖に対するKRASへの依存が減少し、抗腫瘍免疫の抑制が現れることを実証しました。 KRAS欠損細胞は、免疫不全マウスでは腫瘍を形成する能力を保持していますが、免疫能力のある野生型マウスの免疫系は回避することができず、強力な抗腫瘍反応を引き起こしました。

著者らはまた、BRAFとMYCをKRASによるがん免疫抑制の主要な仲介役として特定しました。 BRAFの喪失は、マウスの腫瘍増殖を効果的にブロックしました。「この論文の発見の重要な洞察は、KRASの変異が腫瘍の成長を促進するだけでなく、細胞傷害性T細胞が腫瘍を攻撃しているときに腫瘍をホットではなくクールに保つことで攻撃を回避することです」と研究著者であり、ルネッサンススクールオブメディシンの病理学部の教授であり、ストーニーブルック大学がんセンターの臨床がんゲノミクスのディレクターであるR.スコットパワーズ博士は述べています。

「この研究は、発癌性KRASが抗腫瘍免疫応答を破壊する能力を明確に示していると信じています」と研究著者のナンシーC.ライヒ博士(微生物学および免疫学部教授)は付け加えました。「これは、KRAS経路を標的とするだけでなく、免疫細胞の防御に関与する治療的介入を開発する必要性を浮き彫りにしました。」

 

------------------------------------------------------------------

Source: https://ascopost.com/news/march-2021/lowering-kras-activity-may-lead-to-improved-therapy-response-in-pancreatic-cancer/

開示:この研究は、米国国立がん研究所とカタコシノスがん研究賞によって支援されました。研究著者の完全な開示については、nature.com誌にアクセスしてください。

この投稿の内容は、米国臨床腫瘍学会(ASCO®)によるレビューを受けておらず、ASCO®のアイデアや意見を必ずしも反映しているわけではありません。

 

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider