Letswin familial pc

【期待されるサイエンス】家族の膵臓がん発病リスクを理解する
~ジョンズホプキンス大学家族性膵臓腫瘍登録制度~

遺伝性の遺伝子変異は、多くの膵臓がんで発生の役割を果たしているため、研究者はこの病気のリスクがある人々を特定することに熱心です。

これらの個人や家族を特定するのに役立つ研究の大きな一歩は、人々をより高い膵臓がんの発病リスクにさらす遺伝的変化を特定することだけを目的とした研究だけではありません。同様に重要なのは、医師がこれらの遺伝的変化の保因者である可能性のある人々をより簡単に特定できる検査方法を開発するのに役立つ研究です。

 

■最初のステップ

ジョンズホプキンス大学病院にある国立家族性膵臓腫瘍登録制度(NFPTR)のような患者と家族のレジストリは、研究ベースの取り組みであり、20年以上にわたって活動している研究であると、NFPTRディレクターのアリソン・クライン博士は説明します。 「私たちが示すことができたのは、膵臓がんが家族で発生またはクラスター化すること、そしてこのクラスター化には遺伝的原因がある可能性が高いことです」とクライン博士は言います。 「膵臓がんは、ご存知のとおり、予後が非常に悪いため、レジストリに参加されている家族を調査することで、他のがんと同様に患者のアウトカムを改善する方法について、いくつかの答えを見つけたいと考えています。」

現在、このレジストリには約7,200以上の家族が登録されています(2021年4月時点)。場合によっては、ひとつの家族には膵臓がんと診断された近親者が複数いることがあります。また、他の家族では、たった一人のメンバーだけが膵臓がんと診断されたケースもあります。すべてのレジストリ参加者は、膵臓がんをよりよく理解して、早期発見のためのプログラムを開発するだけでなく、おそらく個別化された治療計画を開発するためにも不可欠です。

 

■遺伝学は答えを見つけるのに役立ちます

ジョンズホプキンス大学の家族性膵臓がんレジストリは、すでにいくつかの家族性膵臓がん感受性遺伝子を特定することができました。そして、彼らは早期発見スクリーニングの臨床試験を最初に実施したグループのひとつです。

他の調査結果の中で、ジョンズホプキンス大学の研究グループはまた、膵臓がんの強い家族歴を持っている個人が彼らの生涯の間に膵臓がんを発症する確率が9倍増加することを示しました。「私たちが行っていることは、ある意味で遺伝カウンセリングとスクリーニングのフレームを提供することです」とクライン博士は言います。この研究グループは膵臓がんの罹患リスクを決定するのに役立つPancPRO(パンクプロ)と呼ばれるツールを開発したことでも有名です。 「私たちは遺伝子がどのように振る舞うかを知っており、病気を患っている家族、年齢、家族の大きさ、死因に関する情報と相まって、私たちの罹患モデルは個人の膵臓がん発病リスクの良い推定値を提供することができます」とクライン博士は付け加えます。

 

 Letswin familial pc diagram

 

 

■考えられる遺伝的犯人

研究者は、膵臓がんの約10パーセントが遺伝性遺伝子によって引き起こされていることを知っています。しかし、「DNAは必ずしも膵臓がんになる運命と同等ではない」、とクライン博士は説明します。基本的に、個人が膵臓がん遺伝子を持っているという100%の確実性がある場合でも、その個人が生涯の間に膵臓がんと診断されるリスクは100%ではなく、わずか約25%です。

研究者は、この病気のいわゆる家族クラスターの原因となる遺伝子のいくつかを特定しましたが、遺伝子の大部分、80パーセント以上はまだ特定されていません。家族性膵臓がんに関連している遺伝子のいくつか、特にBRCA2、いわゆる乳がん遺伝子はよく知られているように聞こえるかもしれません。ジョンズホプキンス大学や他の研究チームの研究者は、身近な膵臓がんの最大約12パーセントがこのBRCA遺伝子の遺伝性欠損に関連していることを示しました。

ジョンズホプキンス大学の研究チームは、膵臓がんの罹患リスクが高いアシュケナージ・ユダヤ人やアフリカ系アメリカ人などの患者集団も研究しています。初期の研究は、膵臓がんの発生率が高く、予後が最も悪いアフリカ系アメリカ人の間で、社会経済的要因と喫煙などの環境要因が役割を果たす可能性があることを示唆しています。この集団はまた、膵炎と糖尿病の発生率が高く、これらはすでに膵臓がんの発症に関連していることが知られています。

アシュケナージ・ユダヤ人の家族も、研究チームの研究活動にとって非常に重要です。 「この集団における膵臓がんの発生率も非常に高く、たとえば遺伝によるものなのか環境によるものなのかはまだわかりませんが、家族歴を調べることで見つけることができるかもしれません」とクライン博士は言います。

 

■未来への展望i

今後、レジストリの研究作業には、人々を平均よりも高いリスクにさらす遺伝子の特定、および膵臓がんの早期発見の手段を提供するためにそれらの遺伝子発見と早期発見バイオマーカーを使用する検査方法の開発が含まれます。それは難しい注文ですが、クライン博士が最終的には可能であると信じている注文です。

「研究者として私たちができる最も重要なことの1つは、膵臓がんの研究、治療が進歩していることを一般の人々に知らせることだと思います」と彼女は言います。 「私たちは膵臓がんについて、もっと一般の関心を高める必要があり、より多くの患者と家族に私たちの研究に参加してもらう必要があります。膵臓がんを早期に診断する可能性や、治療開発について行われている物凄い研究は、この病気に打ち勝つために非常に重要な力になる可能性があります。」

あなたの家族がこの研究に参加する資格があるかどうかを確認するには、ジョンズホプキンス大学の国立家族性膵臓腫瘍登録(NFPTR)のウェブサイトがありますので、そちらをアクセスしてください。(https://nfptr.org/

ニューヨーク市にある「メモリアルスローンケタリングがんセンター」にも、家族性膵臓腫瘍登録があります。

 

 

 

 

 

編集注:日本膵臓学会には、日本人を対象とした「家族性膵臓癌登録制度」があります。興味のある方は、こちらから詳細情報を確認してください。

・日本家族性膵癌登録制度 ☞ (http://jfpcr.com/

2021年夏に、家族性膵癌登録制度に参加されている方々のための大会を開催する予定です。パンキャンホームページのニュースにご注目ください。

---------------------------------------------------------

Source: Lets win Promising Science: Understanding a Family’s Risk for Pancreatic Cancer 8 July, 2016

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider