PanCAN LynnMatrisiane NOD initiative

膵臓がんの早期発見イニシアチブ

PanCANのチーフサイエンスオフィサーが早期発見イニシアチブを開始した理由

著者:アリソン・ローゼンツヴァイク博士

2021年4月20日

米国パンキャン本部(PanCAN)のチーフサイエンスオフィサーが膵臓がん研究の最新情報について、膵臓がん撲滅活動支援者に語ります。

編集注:先週、パンキャン本部は「早期発見イニシアチブ」を発表しました。これは、膵臓がんと新たに発症した糖尿病との関係を研究することにより、膵臓がんを早期に発見するための2,500万ドル(27億5000万円)の取り組みです。本日、PanCAN本部のチーフサイエンスオフィサーであるリン・マトリジアン博士(Lynn Matrisian、PhD、MBA)と、膵臓がん患者の未来を変革していく早期発見イニシアチブプロジェクトやその他のプロジェクトに関する彼女の取り組みについてお話しします。

アリソン:2012年にPanCANに参加することになったきっかけは何ですか?

リン:私は学術研究者として非常に充実したキャリアを持っていました。私は、癌の転移(広がり)に焦点を当てて、腫瘍の微小環境(癌細胞を支え、維持する周囲の組織)を理解するのに役立つ発見をしたことを誇りに思いました。私はまた、この分野に参入する後輩の科学者を教え、指導することも大好きでした。

PanCANに参加する前は、パートタイムのMBAプログラムに登録し、より強力なリーダーになり、ビジネス上の課題を理解するためのスキルを身に付けました。 PanCANに参加する機会が訪れたとき、それはぴったりのように感じました。私は長年の癌研究の経験とビジネススキルを利用して、膵臓癌を打ち負かすための新しい戦略を先導することができました。

アリソン:PanCANで働き始めたときの最優先事項は何でしたか?

リン:膵臓がんは歴史的に十分に研究されておらず、研究資金も不足していました。答えよりもはるかに多くの質問がありました:なぜ他の固形腫瘍と比較して予後がそれほど悪いのか?なぜがんを早期に検出したり、より適切に処理できないのか。調べるうちに、少しの知識が、最も過酷な癌との闘いに真の違いをもたらすのに大いに役立つと感じました。

私は、組織が設立された直後に開始されたPanCANのResearch Grants Programに焦点を当てることから始めました。発見をしてこの分野のリーダーになる準備ができている初期の研究者に投資すること、そして患者の寿命を改善し延長する可能性のあるプロジェクトを支援することによる大きな影響を見ることができました。より効果的な治療戦略とそれを早期に発見する方法を考え出すためには、実験室ベースの研究からの腫瘍のより良い生物学的理解が必要でした。

より効果的で患者ごとにパーソナライズされた治療オプションに移行するために、2014年にKnowYourTumor®(KYT)研究プロジェクト、精密医療サービスを導入しました。患者の生物学的特性を使用して患者に最適な治療オプションを決定する精密医療は、他の種類のがん。当時、膵臓がんの研究と臨床コミュニティの専門家は、膵臓がん患者に腫瘍のバイオマーカー検査とがん遺伝子パネル検査を提供しても、興味深いものは何も見つからないと考えていました。しかし、私たちは忍耐強くKYT研究プログラムを立ち上げ、成功を収めました。

昨年初め、私たちと私たちのKYT研究プログラムのパートナーは、腫瘍生物学に沿った治療を行うことができた膵臓がん患者がそうでない患者よりも平均1年長生きしたことを示す画期的な論文を発表しました。それはまさに私たちがKYT研究プロジェクトを始めたときに達成しようと試みたものでした。

アリソン:何があなたを早期発見に焦点を移させたのですか?

リン:膵臓がんと早期に診断された患者は、腫瘍を外科的に切除する機会があり、長期生存の可能性が最も高くなります。早期診断により、化学療法、放射線療法、標的療法、臨床試験・治験などによる治療、他の介入治療により多くの時間をかけることができます。

膵臓がんについて全人口をスクリーニングすることによって早期発見を達成するつもりはありません。この病気は非常にまれであり、現在利用可能な検査は侵襲的で費用がかかりすぎ、副作用を引き起こす可能性があります。したがって、膵臓がんの早期発見につながる戦略を開発するための最初のステップは、膵臓がんにかかる可能性が平均よりも高い人、またはすでに膵臓がんにかかっている可能性が高い人を特定することです。

私たちの早期発見イニシアチブは、最近2型糖尿病と診断された特定の臨床的特徴を持つ成人に焦点を当てています。

アリソン:なぜ糖尿病なのですか?

リン:私はスレッシュチャリ博士(Dr. Suresh Chari)の仕事を何年も支援し続けてきました。彼は、膵臓がんの危険因子と症状の両方として糖尿病を研究してきました。彼は、50歳以降に新たに糖尿病と診断され、血糖値と体重が急速に変化している人々は、今後3年以内に膵臓癌と診断される可能性が高いことを発見しました。これらの人々の糖尿病はまだ検出されていない膵臓腫瘍によって引き起こされたことがわかりました。

 

■PanCANの早期発見イニシアチブを主導する膵臓がんの専門家および臨床医

PanCAN NOD initiative

写真:PanCAN早期発見イニシアチブのリーダーシップチーム:バーバラケナ―博士、スレッシュチャリ博士とリンマトリジアン博士(右)

 

国立がん研究所(NCI)が、膵臓がんの科学的枠組みに応えて、膵臓がん、糖尿病、慢性膵炎を研究するためのコンソーシアム(NCI Pancreatic Cancer Detection Consortium:PCDC)を結成した後、スレッシュ博士の研究は注目を集めました。レポートで特定された上位4つの研究優先事項のうち2つは、膵臓がんの早期発見を改善し、糖尿病と膵臓がんの関係を調査することでした。このフレームワークは、PanCANの信じられないほどの支持者によって推進された米国の「難治性がん研究法」の成立に対応して開発されました。これら2つの優先分野に向けて前進するために、NCIは新しく糖尿病と診断された50歳以上の人々から血液サンプルを収集するための「新たに発症した糖尿病の研究(NOD)」プロジェクトを開始しました。血液サンプルを注意深く評価して、バイオマーカーと呼ばれる、膵臓がんの参加者のサブセットに膵臓がんが早期に存在することを示す手がかりがあるかどうかを判断します。

アリソン:PanCANの早期発見イニシアチブはNCIの「新たに発症した糖尿病の研究」プロジェクト(NOD)とどのように異なりますか?

リン:私たちはNOD研究の開発と実施に関してNCIと提携しており、将来的には血液ベースのバイオマーカーについてもっと知りたいと思っています。 NOD研究と並行して、NCIやその他の利害関係者と協力して、早期発見イニシアチブを立ち上げ、参加者のサブセットを画像化する臨床コンポーネントを追加して、新しい時点で膵臓がんの検査を行うかどうかを確認することにしました。糖尿病の診断は、膵臓癌の早期発見につながる可能性があります。また、参加者の同じサブセットから血液サンプルを収集し、将来の分析のためにNOD研究サンプルとプールします。

私は、膵臓がんをよりよく理解し、検出し、治療するためにPanCANが行っている作業に参加できることをとても誇りに思っています。より良い治療オプションを開発するためのプレシジョンプロミス(PrecisionPromiseSM)というアダプティブ臨床試験と早期発見イニシアチブの2つの最大規模のイニシアチブの最近の立ち上げにより、すべての膵臓がん患者が繁栄する世界に向けて進歩を加速しています。そして、私たちのビジョンが現実になるまで、私たちは諦めません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Source: https://www.pancan.org/news/why-pancans-chief-science-officer-launched-the-early-detection-initiative/

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider