【NAD】政策提言活動に協力し使える薬剤を増やそう

NADは、「ナショナルアドボカシーデー活動」の略。膵臓がんの研究予算増額、「難治性がん研究法」成立に向けた支援者の活動を意味します。日本でも昨年からパンキャンジャパンが「膵癌ナショナルアドボカシーデー活動(NAD)」を開始。日本は、膵臓がん大国で膵臓がんの年齢調整罹患率は世界で第5位です。日本人に多く、米国人には少ない膵臓がんは、日本人を対象とした研究をしないと日本人の膵臓がんの実態解明は進みません。そこでパンキャンでは、国内研究費増額を訴える国会議員への説明、厚生労働大臣へ膵臓がん研究予算増額を訴えた要望書を提出しました。しかし、コロナパンデミック一色であった2020年度のロビー活動は、残念ながら成果には結びつきませんでした。今後、この政策提言活動を支援してくれる膵臓がん患者と家族を増やしていかなければなりません。ぜひご協力ください。

★膵臓がん撲滅に向けたパンキャンの政策提言活動を支援してくださる方:こちらから「ナショナルアドボカシーデー活動のお手伝い」を選択し登録してください

 

 

下記は、参考までに米国PanCANのNAD活動の実例の紹介です。

 

米国NADを支援した人々が「PanCAN早期発見イニシアチブ」を実現

著者:ジェニファー・ケネディ

2021年4月21日

 

■膵臓がんの早期発見研究を可能にしたNADサポーター

編集注:PanCANの「早期発見イニシアチブ」研究プロジェクトの発表に敬意を表して、イニシアチブがどのように実現したか、そしてそれを可能にした人々を紹介するストーリーを共有します。本日は、イニシアチブの立ち上げにおいて支援者と米国連邦政府が果たした役割に焦点を当てて説明します。

PanCANの「早期発見イニシアチブ」は、新しく糖尿病と診断された特定の人々の画像診断を使い、膵臓がんを早期に発見できるかどうかを確認するために設計された革新的な臨床試験です。

皆さんは、膵臓がん研究を優先するよう米国連邦議会に促すために声を上げた支援者・サポーターがこの研究への道を開いたことをご存知ですか? 

■膵臓がん生存率向上に向けた研究の道を開いた法律

2013年1月、「難治性がん研究法」が成立しました。これは、膵臓がんの研究に米国連邦政府の注意を向けた最初の実質的な法律でした。

「この大きな勝利は、熱心で献身的なPanCANのサポーターとボランティアによる5年間の努力の結果でした。彼らは、76,000通のメールを送信し、14,000回の電話をかけ、1,500回の会議に参加して、これが彼らにとって重要であることを連邦議会に知らせました」とPanCANのアドボカシー担当アソシエイトディレクターであるメーガンスレータ(MeaghanSlater)氏は述べています。「その法律が通過して以来、重要な膵臓がん研究の進歩につながりました。」

難治性がん研究法成立の結果として、米国国立がん研究所(NCI)はワーキンググループを結集し、膵臓腺がん(最も一般的なタイプの膵臓がん)および生存率の低い他のがんの科学的枠組み(Scientific Framework)を作成しました。

膵臓がんの枠組みは、研究が必要な4つの重要な分野の概要を示しています。これらの分野の1つは「早期発見」であり、もう1つは「膵臓腺癌と糖尿病の関係」を理解することでした。

研究によると、50歳以降に糖尿病と診断された少数の人々では、糖尿病は膵臓腫瘍によって引き起こされたことが示唆されています。この集団を研究することは、膵臓がん研究コミュニティが膵臓がんの家族歴のない人々の病気を早期に検出するためのより良い検査方法を見つけるのに役立つかもしれません。

NCIが科学的枠組みで詳述された分野で研究を開始したとき、開発された別のイニシアチブの1つは、膵臓癌の早期発見のための新しい分子およびイメージングバイオマーカーに焦点を当てた「膵臓癌発見コンソーシアム(PCDC)」でした。もう一つのイニシアチブは、
「新規発症糖尿病(NOD)研究」でした。

 

■膵臓がんを早期に発見するために新たに発症した糖尿病患者を研究する

NOD研究は、米国国立衛生研究所(NIH)の支援を受け、PanCAN、米国糖尿病学会、および全国の複数の医療機関が関与する取り組みであり、糖尿病と診断され、他の基準を満たす参加者から血液サンプルと患者情報を収集しています。 これは、研究者が高血糖と膵臓がんの関係をよりよく理解するのに役立ちます。目標は、スクリーニングツールに変換できるこの患者集団のバイオマーカーを見つけることです。

PanCANの「早期発見イニシアチブ」は、糖尿病診断時に参加者のグループから血液サンプルを収集し、画像検査を追加します。これにより、このプロセスがこのグループの早い段階で膵臓がんを見つける効果的な方法であるかどうかを確認できます。また、血液サンプルは、NIHのNOD研究を通じて収集されたサンプルと一緒にプールされます。

■これらの研究は、膵臓がんの診断方法の未来を変えるでしょう

PanCANは、相互に補完する両方の研究でNCIと引き続き協力し、利用可能なすべてのリソースを使用して、この病気の早期発見を推進します。

「私たちは、NOD研究と早期発見イニシアチブに関与したNCIや他の人々とのパートナーシップを大切にしています」とPanCANの最高科学責任者であるリン・マトリシアン博士(PhD、MBA)は述べています。 「これらの大規模な共同研究は、この複雑な病気に対して進歩を遂げるために重要です。」

これはすべて、膵臓がんの研究が優先されるべきであると米国連邦議会に話し、告げた何千ものサポーターの声によって可能になりました。

そして、あなたの貢献はそれだけではありません。あなたのようなサポーターのおかげで、連邦議会は国防総省で専用の膵臓癌研究プログラムを立ち上げ、今年そのプログラムに1,500万ドル(1億6500万円)の予算をつけました。あなたの努力はまた、NCIでの膵臓がん研究資金の大幅な増加にも貢献しています。

 

以上

 

 

■わたしたちにできること

あなたは国会議員に膵臓がんの研究予算を増やして、膵臓がんを治るがんにするための行動を起こすことができます。下記より、(1)膵臓がんの承認薬が使えないパネル検査のアクセルラグの解消、さらに、(2)日本人に多くて米国人には少ない膵臓がんの研究費増額、そして、日本の膵臓がん治療の現状に満足していない、「あなたの声」を投稿し、国会議員に膵臓がんの患者、家族の現状を訴えましょう。

 

■膵臓がん患者・家族の声を投稿する(応援メッセージ)
☞ 患者・家族の声を投稿する

 

■膵臓がんの研究予算増額・ゲノム医療のアクセスラグ問題解消を訴える署名活動
☞ わたしたちにできること

ここまで。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider